Home / 自分メディア運用法 / 集客できるブログ記事の書き方~顧客心理をつかめ!

集客できるブログ記事の書き方~顧客心理をつかめ!

集客できるブログ記事の書き方~顧客心理をつかめ!

ブログやメルマガをがんばっているのに集客できないと思っている方へ

この相談してくる方のブログには共通する特徴があります。

自分が書きたいことを書いていて、ちっともお客様の心に響かないメッセージを送っていることが多いんです。つまり「読者目線」ではなく「自分目線」なのです。

記事を読んでみると、「お客様の知りたいことはそれじゃないんだよな~」と感じることが多々あったりします。
 

がんばってたくさん記事を書いているのにうまくいかない例

例えば、占い師とかセラピストやカウンセラー系の方の失敗パターンに「ノウハウばかりを書く」というのがあります。

ノウハウを読みたいのは、マニアかその職業になりたい人だけで、お客様は正直、ノウハウにはそんなに興味がないのです。(もちろん、業種によってはノウハウが効く場合もありますが)

お客様がお金を払ってまで知りたいのはただ一つ

「どうしたら自分が幸せになれるのか」

という漠然とした問いの答えやヒントなのです。

中には、「どうしたら30歳までに医者と結婚できるのか?」等の明確な相談をされる方もいらっしゃいますが、

目の前の相談がたとえ具体的なものであっても、心の奥にある願望は、「どうしたら自分が幸せになれるのか」ということなのです。

ですから、記事には、その気持ちに沿って

●幸せになる方法やヒント、考え方
●幸せになるためのアドバイス
●過去のお客様のビフォアアフター
●読んで幸せな気持ちになるストーリー
●ほっとできる記事
●時には感情をかき立てる記事

などを盛り込む必要があります。

全体写真1

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お客様が言って欲しい言葉、憧れの姿、なりたいイメージ、共感してもらえる言葉に敏感になると自然と集客できる記事が書けるようになります。

「お客様はどうなりたいのか」
「お客様はなんと言って欲しいのか」
「お客様はなぜそこに来るのか」
「なぜそこで買うのか」
「自分に求めているものは何なのか?」

この答えがわかるとブログで書くべき内容が見えてきます。

さて、あなたはどうですか?

顧客心理がわかっていますか?
 
 
【こちらの記事も参考に】
お客様の心に「買いたいというスイッチが入る時」
ブログで集客しようとすると陥りやすい罠
ブログ集客したいならメソッドを語るな効果を語れ
ブログでアクセスアップをがんばるその前に
お客様が反応する言葉、キーワードとは
 
 
メルマガではもっと詳しく書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top