Home / 自分メディア運用法 / ブログでアクセスアップをがんばるその前に

ブログでアクセスアップをがんばるその前に

ブログでアクセスアップをがんばるその前に
Pocket

ブログを書くとアクセス数が気になり、ついついアクセスアップの方法ばかり探し求めてしまうあなたへ

PVやアクセス数にこだわりすぎて、肝心の「集客につながっているか」は見ていない・・・なんてことになっていませんか?

———————————————————–
ブログで集客したい、知名度を上げたい
小さな会社の経営者、個人事業主の方へ
———————————————————–

私、青山華子が、2009年ごろ書いていたメルマガ
あなたの価値を11倍高める「パワーブロガーへの道」
のバックナンバーです。

※一部、リライトしています。
__________________________________________________
 
こんにちは。青山華子です。

先日、懇親会でお会いした人に
「青山さんは、味方も作るけど敵も作るよね」
と言われました。

「はい。私は好き嫌いがはっきりしていますので
それでいいんです」と答えたらびっくりされましたが、

ビジネスでも、プライベートでも
「合わない人」と過ごすのは時間がもったいないと
思ってしまうのです。

何か聞かれた時に本当のことを言うので厳しいと思う方もいるようです。

ま、別にどう思われても構いません。

ということで、本題に入りたいと思います。

◇◇◇

Q:あなたのお客様はどんな人たちですか?

この質問に対する答えを聞けば、その人が集客できるかどうか
ほぼ確実にわかります。

集客できないという人のほとんどは、テクニックの問題よりも
「自分のお客様像が見えていない」
ことが多いのです。

お客様がどんな人かわからなければ、その方たちに
何を提供したらいいのか、どんな言葉で語りかけたら心に響くのか
全くわかりません。

いくらなら払えるのか、どんな媒体で集客したらいいのかも
わかりませんよね。


◆集客できる秘訣は、たったの2つ。

1・お客様像(ターゲット)が絞られているか
2・あなたのサービス/商品はそのお客様の問題を解決できるか?

これがYESであれば、あとは細かいテクニックの問題。

どんどんいい記事を書いたり、アクセスアップをしたり、
売れる文章術を磨いたりすればいいのです。

ところがこの質問に、
「30代、既婚女性」のような、ぼんやりとした答えしか
浮かばない人が多いのです。

いつも引き合いに出しているわかりやすい例をご紹介しましょう。

どちらも30代・専業主婦をターゲットとしていながら
2つの違いが極端に違う雑誌があります。

◆片方は、白金に住んでいるようなお金持ちのセレブが読む
VERY という雑誌

目次:
「結局履くのはフラットシューズ」なら、とことんオシャレに快適に
オシャレすぎて感動しました!コンフォートシューズの逆襲
1年生ママ2人の行事別・頼れるブランドはここ!
エレガンス派 滝沢眞規子さん・
ハンサム派 藤原ひろみさんの学校服

◆もう一方は、下町に住む節約主婦を想定した
すてきな奥さん という雑誌

※「すてきな奥さん」は、残念ながら何年か後に廃刊になってしまいました。

目次:
ラクゆる収納100テクで愛が深まる! お金が貯まる! 時間がふえる!
片づかない部屋に幸せは来ない!
朝つめるだけ!秋の100円弁当

とじ込み第3付録
人気の家電からウワサの調味料まで1円だってソンしない!本音のモノ選び

VERYは「オシャレ」「ブランド」「エレガンス」「ハンサム」
などのカタカナでおしゃれ~なイメージを想起する言葉が
読者をひきつけています。

それに対して、「すてきな奥さんは」
「お金が貯まる」「100円弁当」「1円だってソンしない」など
お得・節約・ソンしないことなどが読者の心をつかむのです。

表紙も比べて見ると興味深いですね。

見た目、使ってある言葉、キャッチコピー、モデル、付録、
入っている広告、紙の質、置いてある場所、全て違います。

これほど違いがあるのかというくらいに。

あなたが、もし「ぼんやりと」しかお客様像が見えていなければ、
VERYな方に、「お金が貯まる」「100円弁当」「1円だってソンしない」
な~んて言葉を並べて「売れない」「集客できない」と悩んでいるかも
しれません。

あなたのサービス内容は「すてきな奥さんタイプ」にあったレベルなのに、
無理して「VERYな方」を集めようと必死になっているかもしれません。

両方、ミスマッチです。

VERYにはゴージャスを、すて奥(すてきな奥さんの略)には
節約とエコを、訴えなければ集客できないのです。

男性の方は、これを読んでもぴんとこないかもしれませんが、
女性ならきっとピンと来てくれるはず。

スタート地点で間違ってしまったら、その後、どんなにテクニックを
積み重ねてもだめ
です。

もう一度、あなたの「お客様像」を見直してみてください。
そしてあなたのサービス/商品は、その方々にマッチしていますか?

その方々を満足させられるものですか?

 
 
メルマガではより詳しく書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top