Home / 個人ブランディング / ブランディングっていったい何なの?何がいいの?と思っているあなたへ

ブランディングっていったい何なの?何がいいの?と思っているあなたへ

ブランディングっていったい何なの?何がいいの?と思っているあなたへ
Pocket

同じことを言っても、「誰が」それを言うかで説得力は変わってきますよね。今はSNS全盛時代で情報が溢れています。誰もが気軽にネット上にいろいろな情報を発信し、内容もだんだん似てくる。

そうすると、同じようなことを書いていても無名の人の発信はあまり読まれず、有名な人、著名な人の発信にばかり

無名の人には、ちょっと耳が痛い話ですが、これが現実。

私も無名のときにはそうでした。
 

ブログや出版などで多少、知名度があがってからの変化

  • 青山さんの本を読んでとっても勉強になりました。
  • いつもメルマガ読んでいます。○○が役に立ちました。
  • アドバイスいただいた△をやってみたら売り上げ上がりました!ありがとうございます。

といった感想をいただくことが増えました。

どこかのセミナーや懇親会ではじめてお会いした人でも「ああ!あの、がけっぷちの!」と思い出してもらえることも増えましたね。

青山華子
 
 
このような反応があるとすごく嬉しくてありがたいです。ちゃんと発信を読んでくれているんだなとどきどきします。

でも、同時にちょっと複雑な気持ちになるのです。

だって、私の言ってることは5年前とちっとも変わってない。

もっと本質的なところでは、10年も前から同じことをずっといい続け、伝え続けているんですから。
 

でも、以前は…

  • 誰も私の話を聞いてくれなかった。
  • 聞いても、軽くスルーされていた。

少しでも有名な人、影響力がありそうな人の話でないと誰も耳を傾けないのだ、という、シビアな現実がそこにありました。

そんなこといまさら言われなくてもわかっています、と思われるでしょうが、やってみてはじめて痛感したことです。

青山華子がけっぷちストーリー1

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私が急にすごくなったのではありません。

ただ、以前より「認知度が上がっただけ」

たったそれだけのことでこれほど周囲の反応が変わってしまうのです。

「そうか。これがブランディングすることなんだ。」と腑に落ちた瞬間でした。

私にはたくさんお伝えしたいことがあります。まだまだ書いていない、レアなネタもたくさんあります。

私がメッセージを届けたい人が、私の話に耳を傾けてくれるためには、もっと強い【影響力が必要】だというのなら、そこまで、時間がかかっても登って行こうと決意しました。

私は、個人情報はほとんど非公開にしていて顔写真も出していませんが、今のスタイルのままどこまでいけるのか、とことんやってみるつもりです。

今自分にできることを地道にやる。そんなふうに1歩ずつ、本物への道を歩いていきたいですね。

これから始める人には、昔の私のような苦労をして欲しくないですし、できるだけ回り道して欲しくないと思っています。

ですから最初から「ブランディング」を意識したメディア育成をしてくださいね。
 
【こちらの記事も参考に】
認知度アップで変わること、ブランディング
ビジネスを早く軌道に乗せたいなら一度で覚えてもらうことは大事
パーソナルブランディングってどういう状態になったらOK?
実績がない駆け出し講師・コンサルタントはどうすればよいのか?
 
 
さらに詳しくメルマガで書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top