Home / 自分メディア運用法 / セミナーや講座にお客様を集めたい時、使う写真は?

セミナーや講座にお客様を集めたい時、使う写真は?

セミナーや講座にお客様を集めたい時、使う写真は?
Pocket

お客様を集客する記事を書くため、セミナーや講座の写真を撮りたいけれど、どんな写真を撮ったらいいのか?とよく聞かれます。

集客できる要素【写真戦略2】写真の素人でもできる講座の写真をうまく撮るコツ

という記事でも説明しましたが、ブログやウェブの記事を書く時、どんな写真を載せるか見る人の反応がかなり違ってきます。

講座の写真を上手く撮るには、「こんな写真を撮ろう」と頭の中でまずイメージすることからスタートします。

例えば1つ例をあげてみます。
フリーのイメージコンサルタントの場合、どんな写真を撮るべきでしょうか?

イメージコンサルタントというのは、まだまだ一般的には「何をしてくれる人なのか」よく知られていない職業です。ですから、多くの人は、「具体的に、何が、どう自分にとっていいのか」が想像できません。

文章でいろいろ説明されても、なんだかピンとこないことが多いのも特徴です。

文章だけではうまく伝えられないものこそ「写真」の出番。

写真で「見せる化」することで、 読者に具体的なイメージがわき、「自分もやってみたい!」と思ってもらえるようになるのです。
 

その人の顔色・骨格などにあった色・素材を診断しているシーン

カラー診断の様子
ピンクを当てている場面

 

 

 
 

似合う色と似合わない色を実際に布をあてて1つ1つ見ているシーン

カラー診断の様子
柄物を当てている場面
 

 

 

 

 
 

同じ柄物でも似合わない色があることを説明しているシーン

カラー診断の様子
別の柄を当てている場面

 

 

 

 

 

 

ビフォア、アフターがはっきりわかる写真があると
見ている側も「なるほど!」と説得力がわきますね。
 
【こちらの記事も参考に】
ブログやSNSに使えるセミナーや講座の写真の撮り方
セミナーや講座に人を集めたい時、写真はどう使う?
Facebookやブログにセミナー参加者の写真を載せる時のマナー
 
 
メルマガではもっと詳しく書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top