月100万の売上を【毎月】達成する5つのコツとは

Pocket
LINEで送る

毎月、100万円の売り上げを上げるにはどうしたらいいのか。

こんにちは。売れるきっかけを作るコンサルタントの青山華子です。

今日は、私のスクール等の受講生やコンサルティングを受けていただいている方と、去年ひそかに行ったチャレンジ「年商1000万円、2000万円チャレンジプロジェクト」についてお伝えします。

お仕事は順調ですか?

私は、今週はずっとフィードバックやマネージメントで終わってしまいました。

去年、ひそかに、「年商1000万円、2000万円チャレンジプロジェクト」というのを、受講生さんやコンサルティングを受けていただいた方、各10名ずつとコミットしたのですが、先日、全員に報告をもらったんです。

1000万超え→10人中8人達成!

一番、飛躍したのは、年間売上250万円からの大幅アップの方でした。
職種は、個人向けのコンサルタントの方です。講座も開催していらっしゃいます。
目標達成、おめでとうございます!

2000万超えの方は、10人中6人が達成!

あと少し届かなかった方が、4名いらっしゃいましたが、全員、売上は前年より伸びました。

いい結果が出たので、私も心からホッとしています。

あとでご本人に確認した上で、承諾を得られた方は、オンラインセミナーや動画などで事例としてご紹介しようと思います。



売上の1つの目安として、「月100万円の売上」を目標にされている方は多いようです。

私が主宰しているビジネスコミュニティ「先生相談室」でも、【毎月100万円、売上を上げ続けるコツ】について何度か質問されましたが、改めてご説明します。

●その月だけ「100万円」の売上を上げるのは難しくはないですが、毎月コンスタントに100万の売り上げを上げ続けると考えると、最初にこれらのことを頭に入れて動くほうが売上が安定します。

●何を売るか(原価がかかるかどうか)、法人向けか個人向けか?で少し前提条件が異なるものの、基本は同じです。

1、経営者の算数を理解していること

売上とは、単価×数である。

1万円を100人に売るのか?

10万円を10人に売るのか?

100万円を1人に売るのか?

計算をして、目星をつけること。

・1万円を100人に売るのは大変なので、できるだけ高単価なサービスも用意する、リピート率が高いサービスにすることを意識してください。

2、自分の得意パターンを理解していること

商品・サービス力で勝負するのか?

集客力で勝負するのか?

営業力で勝負するのか?

人間力で勝負するのか?

圧倒的な行動量で勝負するのか?

広く浅く沢山の人に売るのが得意なのか?

高額商品を確実に少人数に売るのが得意なのか?

個人相手に売るのか?法人か?両方か?

ネットが得意なのか?リアルが得意なのか?

1対1が得意なのか?1対多人数が得意なのか?

どんなお客様は得意で、どんなお客様は苦手なのか?

ここはしっかり意識できていますか?

3、どう事業ポートフォリオを組むのか?

事業ポートフォリオを現実的なものにするのが一番重要です。

前出の1と2を考えつつ、その上で何をどれくらい売るのか?を決めていきます。
事業ポートフォリオ(売上の組み合わせ)

例)
1万円のセミナーに20人参加  20万円

5万円のコンサルティング4人契約 20万円

30万円の講座     2人契約 60万円

ただし、毎月新規の顧客を集めるのはなかなか大変なので、現実的なラインとしては、この後、紹介するような例がおすすめです。

実際、受講生が売り上げ100万円を達成した例でもだいたいこんな感じでした。

【個人向けと法人向けのビジネスの組み合わせの場合】
オンラインサロン50人継続  5000円×50=25万円
2万円のセミナーに8人参加          16万円
30万円の講座に2人契約           60万円
(または30万円の研修を2社受注)

【個人向けのビジネスの場合】
オンラインサロン50人継続  5000円×50=25万円
1万5千円のセッションに9名参加   135,000円
3万円のセッションに4名参加 30000×4=12万円

50万円の講座に1人契約           50万円
(または50万円のコンサルティングやマンツーマンコースを1件受注)

【個人向けのビジネスの場合】
フォロー講座20人継続     1万円×20=20万円
1万5千円のセッションに5名参加   135,000円
15000円のDVDを11本販売     165,000円
50万円の講座に1人契約           50万円

【法人向けのビジネスの場合】
オープンセミナー3万円×10社  30万円
AA研修 単価10万円×3件   30万円
BB研修 単価20万円×1件   20万円
コンサルティング10万円×2件  20万円

※オープンセミナーから研修やコンサルティング受注へ(すべて自社集客)、コンサルティングは紹介、継続、研修後の会社から発生。

【法人向けのビジネスの場合】
CC研修 単価5万円×8件    40万円
DD研修 単価30万円×2件   60万円

※CC研修は、研修会社経由の受注。DD研修は自社受け。

4、売りやすいものを考える

サービスにも「売りやすいもの」と「売りにくいもの」があります。

最初は、「売りやすいもの」から売るのがうまくいくコツです。

・価値がわかりやすいものを販売する

・リピートされやすいものを販売する

・できるだけ高価格のサービスを販売する

・粗利益が高いものを販売する

・ライバルに勝てそうなところで勝負する

5、できれば、次の2つのパターンを組み合わせる

1、労働集約型(単価×労働時間=売上)

2、資本集約型(価格×数=売上)

★セミナー、講座は労働集約型。

ただし1回の参加人数が増えれば増えるほど売上アップ。
その先に販売、高額コースへの申込などがあると、さらに売上アップ。

★コンサルティングは、完全に労働集約型。
単価アップするか、グループコンサルティングを取り入れると、少し余裕ができる。

★動画コンテンツやDVDなどは、資本集約型。
販売の手間、フォローはじゃっかん増えるものの、売上は青天井。(時間は関係なし)

★アフィリエイトなどは資本集約型に近いが、突然、料率が下げられたり、ペナルティを受けたり、サイトを削除されたりするリスクがある。

★人を雇う、外部スタッフを入れる

人を増やしたからうまくいくというわけではありません。
個人起業家の方は、「マネージメントが苦手」という方が多いもの。

人を入れたらかえって苦労している、スタッフがちっとも思うように働いてくれないという声も聞きます。

スタッフを雇うにも、向き、不向きがありますが、ちょっとしたコツを知れば、スタッフとうまくチームで仕事をすることは可能です。

もし、スタッフを雇用したいのであれば、どの部分を手伝ってもらうのかどこからスタッフを探してきてどのように育成するのかをざっくり考えておきましょう。

【総括】

同じ月商100万円でも、1万円のものを100人に売るのと、100万のものを1人に売るのとでは、全然、戦略が異なります。

戦略が違えば、集客・販売メディアも方法も変わるのです。

必ずしもブログやメルマガが必要ではないし、商品・サービス力が高ければ、広告費を投入して集客・販売してもいい。

ただやみくもに「売上」を追いかけるのではなく、自分はどの組み合わせで目標売上を達成したいのか一度、これらを整理して考えてみてください。

 

【大切なのは、自分の性格、特性とあっているか】

自分にあった戦略が、一番すんなり目標を達成できます。

数字と気持ちの両方が納得できないと、なかなか人は行動に移せないもの。

なので、私は「絶対この通りにしなさい」ということは、めったに言いません。

できるだけ「これならどんどん動ける」という方法を提案するようにしています。

●ただ、ここを自分でできる方と、プロに聞いたほうが早く進む方とがいらっしゃいます。

もし、ひとりではよくわからないので客観視して欲しい、プロの力を借りて整理したいという方は、相性の合うコンサルタントに、一度、事業ポートフォリオを診断してもらいましょう。

先生相談室のスピードアップコースの方は、コンサルティングの時間内に相談していただければ、もちろん相談にのりますよ。

積極的に私のコンサルティングを活用してくださいね。

【無料】先生・コンサルタントのためのZoom使いこなしマニュアル付!オンラインセミナーを仕事に取り入れたい方、必見!

どんなテーマでオンラインセミナーをしたらいいの?
私でもオンラインセミナーに集客できますか?
オンラインセミナーから、バックエンドのサービスのお申し込みをとるには、どんなセミナーをしたらいいの?


このメール講座を読めば、全てわかります。