Home / 講師・コンサルタント・先生業 / facebookやブログにセミナー参加者の写真を載せる時のマナー

facebookやブログにセミナー参加者の写真を載せる時のマナー

facebookやブログにセミナー参加者の写真を載せる時のマナー
Pocket

Facebookやブログ、自社のホームページなどにセミナーやイベント参加者の写真を載せたいのですが、気をつけることはなんですか?

という質問をいただきました。

セミナーやイベント参加者の中には、写真を撮られたくない人、撮ってもいいけれど、ソーシャルメディアなどに載せたくない人、そもそもセミナーに参加していることを知られたくない、という人もいらっしゃいます。
 

写真を撮る前にやったほうがいいこと

セミナーが始まる前に、必ず以下のことをやるようにしましょう。
 
■セミナー受講者に事前に声をかけ、写真を撮っていることお知らせする
■フェイスブックやブログ等に写真を載せていいかどうか確認する
■場合によっては、写真に写りこまない席に移動してもらう

などの工夫をしましょう。フェイスブックでの「タグ付け」「チェックイン」にも注意が必要です。
フェイスブックで相手の名前をタグ付けすると、あなたのフェイスブックだけでなく、相手のタイムラインにも表示されます。

初心者の方だと、びっくりしてしまったり、自分のタイムラインにあなたの投稿が勝手に出てくることを嫌がる方もいらっしゃいます。自分のブランディングのため、変な写真はフェイスブックに投稿してほしくないという方も多いです。

事前に確認し許可をとって載せた写真でも、その後、もし削除や修正依頼があったらすぐに対応することをオススメします。

ブランディング勉強会1

※こういう写真も事前に許可をとっています。
 

各種の権利を侵害していないかにも注意

写真には肖像権がありますし、パブリシティ権とか著作権とか、いろんな権利が存在します。上手に活用すれば、集客にすごく役立つ写真活用。でも、使い方を間違うとトラブルのもとになってしまいます。

大事なことは、「相手を不快にさせない」こと。

この精神を忘れないようにしたいですね。

【こちらも参考に】
ブログやSNSに使えるセミナーや講座の写真の撮り方
 
 
メルマガではもっと詳しく書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top