Home / 自分メディア運用法 / ブログやfacebookで自分を出すことが苦手なあなたへ

ブログやfacebookで自分を出すことが苦手なあなたへ

ブログやfacebookで自分を出すことが苦手なあなたへ

先日、こんな相談を受けました。

起業して2年。ブログとFacebookを始めました。自分をさらけ出すことが苦手で、内容も堅苦しいものになってしまいます。どうしたらもっと自分を出せるでしょうか?

( コンサルタントKさん )

彼女が特に苦手なのは「facebookの自分撮り写真のアップ(いわゆる自撮り)」「自分の体験」「感情を入れた記事」「失敗談」を書くことだとか。

今教えてもらっている先生に「自撮り写真をブログやFacebookにアップして顔を覚えてもらいなさい」と指示され、それがとても苦痛でfacebookを開くたび胃が痛くなってしまうのだそうです。

自分のことを書く、自分をオープンにすることは大事ですが、なんでも書けばいいわけではありません。
 

自己開示はビジネスにどれくらい必要か

仕事を依頼したいと思った時、あなたならどう思うかを考えてみましょう。

自分のことは一切話さない。年齢も経歴もよくわからない。どんなポリシーで仕事をしているのかもよくわからない。

そんな方に仕事を依頼したいと思いますか?

ビジネスだろうが恋愛、友人知人関係であろうが、自己開示は「ある程度」必要です。相手との距離感を測ることや、お互いの共通点を見つけるきっかけになってくれますから。

ただ、私がこういうと反論されちゃいます。

そういう青山さんは、顔写真も公開していないし、ビジネスネーム使用だし、年齢も公開していないじゃないですか

そのとおりなんですよねー。こんなことを書いている私こそ「自己開示」が超苦手なのです。

もともと私は、超・人見知りで、恥ずかしがり屋で、他人に対して警戒心が強く、周りを気にしすぎるタイプです。えーそんなふうに見えないと今は言われますが、ホントなんです。

小さい頃、お弁当をふたで隠して食べる子っていませんでした?私はまさにそのタイプ。知らない人と話すのも苦手です。

でもそれは社会に出たら通用しないんです。

私の最初の仕事は営業職でした「私って人見知りなので・・・」なんて言い訳は一切通じません。

さっきのお弁当エピソードで共感を誘おうとしても無理です(笑)

とにかく結論は「ある程度は自己開示をしたほうがいい」が私の意見です。
 

自撮りのアップはしたほうがいいの?

過日、facebookで投稿したらさまざまな意見がありましたので、コメント欄を見てくださいね。
 

 

自分の情報はどこまで出すべき?

それは、職業、戦略によって異なります。

作家なら、ペンネームやビジネスネームでもいいでしょう。占い師だったらあえて年齢も顔も公開せず、情報を伏せることでミステリアスさが演出できますよね。これは戦略。

重要なのは、「知らない人があなたを見たとき、信頼できるかどうか」なので、どこまで書くかは、同業者のブログ、SNS、また、転職サイトの入力項目欄が参考になると思います。

「最低限これぐらい書いたほうが良いかな」という内容を決めておくと、やりやすさがアップします。
 

人見知りでもできる自己開示の方法

なんでもさらけ出すことが自己開示ではありません。ちゃんと戦略を考えて出さないと不利になることもあります。

最初は「当たりさわりがないこと」「これだったら書けそう」というものから、発信してみましょう。たとえば、好きなスポーツ、お気に入りのお店、食べ物、出身地域のこと、自分の趣味、好きな作家、映画のことなど。

今なら笑えるちょっとした失敗談やあなたの経験、悲しかったこと、悔しかったこと、ビジネスへの情熱などは公開した方がいいでしょうね。

仕事に関係ないようにみえて、意外な共感者が現れてそこから仕事につながることもあるんです。

最初にあなたの「ココまでは書けるライン」を決めて、書けることをどんどん書いていきましょう。

大丈夫、最初は難しいかもしれないけど、自分発信は続けていくうちに慣れます。

できることからやってみてください。

 
 
ブログで書きにくいことはこちらで書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top