Home / 自分メディア運用法 / facebookで応援者・共感者を増やすには

facebookで応援者・共感者を増やすには

facebookで応援者・共感者を増やすには
Pocket

facebookで自分のファン、応援者、共感者を増やしたいという方が最近増えています。

講師・コンサルタントなどの先生業の方にとっては絶対必要なことですが、では、共感者を増やすためには何をしたらいいのでしょうか?

答えはシンプル。

以下の2つをやり続ければいいのです。

1、自分のポリシー、考え、世界観をはっきりと打ち出すこと。
2、自分の人柄がわかる投稿を定期的に投稿し続けること。

特に大事なのは「1」です。

「自分のポリシー、考え、世界観」を意識した投稿をすると、価値観があう人が反応してきます。たとえば過日、こんな投稿をしたらfacebookのいいね!が1000を超え、シェアも70と自分でも驚きました。

その後、facebook友達、フォロワーが増加し、メルマガ読者も一気に増えました。

投稿した内容についての意見をメッセージで送ってくださる方が何人もいらっしゃり、反応の大きさに「やはり自分のポリシーをはっきり打ち出した投稿をすることが大事だな」と再確認したのです。
 

自分のポリシー、考えの打ち出し方

そうは言っても自分のポリシーや世界観なんてよくわからないという方もいらっしゃることと思います。

そんな方にオススメしているのが、メディアに「書かないこと」「見せないもの」を決めること。まず最初にこれを決めておくと後で迷わなくなりますので、ぜひやっておいてください。

Facebookの注意点イメージダウンになるものは見せない

ブランディングのルール ブログに書かないこと

少しfacebookに慣れてきて自分の価値観や方針がつかめてきたら、次にメディアポリシーを作成することをオススメしています。

メディアポリシーとは、基本指針としてソーシャルメディアのガイドラインを決めること。

私の場合は以下のようにしています。

自分の「立ち位置」を決めます。どんな視点で記事を書いていくか、どんな内容、テーマにするのか、ジャンルなどを考えて文章化してみます。

<<私のメディアポリシー10か条>>
1、ジャーナリスト視点ではなく現場の視点で発信する
2、一次情報、自分の体験を書く
3、切り口を他の方とずらす、同じネタは扱わない
4、ヒューマンマーケティングを怠らない
5、お客様によく聞かれることでネットに載っていないことを書く
6、読者に問題提起しコメントを書きたくなることを書く
7、思わず知人に教えたくなるような記事を書く
8、自分が読んでもやる気が出る記事を書く
9、他の人のことを書く時は事前許可を取る、守秘義務は守る
10、「笑い」「ユーモア」を忘れない
 

世界観は言葉と写真で見せる

世界観を伝えるものは、その人が発するメッセージ全部です。

facebookでいうと、文章、写真、イラスト等の画像、動画、音声等です。人は「言葉」に反応するので、私は特に使う言葉にこだわっています。
  
できるだけポジティブな言葉を使うとか、プロ、本気、行動、今すぐ、など、伝えたいメッセージを端的に表す言葉を多用するようにするとか。

写真に関してもマイルールがあります。

たとえば、私は顔写真をネット上に公開していないので、自撮りができません。そのため自分のことを思い出してもらう目印をいくつか持っており、それを写真にこんな風にいれこむようにしています。

がけっぷち脱出
 
 
 
 

 
 
また、セミナーやイベントなどでは、参加者に事前に許可を撮り、必ず集合写真やセミナーの風景の写真を撮影します。その際、現場の雰囲気がわかり、躍動感があって楽しそうな写真を撮るように工夫しています。

写真からでも「世界観」は伝わるもの。

「どんなシーン」を切り取ってみせるのか。どんな写真を載せていくのかを考え、ぜひ写真にもこだわってみてください。
 

自分の人柄がわかる投稿は何を見せればいいか

私の場合、自分のメディアポリシーにもとづいて、「どんなイメージを持って欲しいか」を決めています。それをもとに、だいたいこんなことを発信しようという方針を決め、好きなように投稿しています。

仕事の様子、関心があるもの、好きなもの、好きな場所、好きな言葉、朝リーディング(読んだ本)、ヨジラー投稿など。

たとえばこんな投稿や

こんな投稿などがそうです。

 

自分の人柄というとつい構えてしまいがちですが、あまり作りこまずに、自分らしいもの、こだわっているもの、好きなモノや関心があるもの、価値観がわかるものを投稿すると良いでしょう。
 

bufferで振り返り反応がいいものを見極める

自分が想定した投稿が本当に読み手の関心を集め、共感されているのかを確認するため、私はbufferの分析機能を活用しています。

bufferは、SNSの予約投稿ツールで、無料版と有料版があります。

簡易の分析機能がついているので、どの投稿にどれくらいの反応があったのか、facebookにリンク投稿したブログ記事にどれだけのアクセスがあったのか、いいねの数、最も人気があった投稿などを数字で知ることができます。

この結果を元に、反応が良かった投稿を少し変えて再投稿したり、同じジャンル・テーマの投稿を増やしていくことで、どんどん共感される比率が上がっていきます。

bufferはとても便利なツールですのでぜひ取り入れてみてください。

bufferのサイトはこちら

Twitter、Facebookの予約投稿に便利!Bufferの使い方
まとめ記事!Bufferの登録手順と、Twitter・Facebookへ時間予約投稿する手順

いかがでしょうか?

投稿を工夫すると、反応率が2倍、3倍とあがっていきますので、すぐにできるところから実践してみてくださいね。

あなたの応援者・共感者が投稿するたびにどんどん増えるfacebookになるよう願っています。

 
ブログで書きにくいことはこちらで書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top