Home / 自分メディア運用法 / ブログを書き続けるために必要な考え方とは?

ブログを書き続けるために必要な考え方とは?

ブログを書き続けるために必要な考え方とは?

「ブログが続かない…」
そのように悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

(今日は、がけっぷち社長・青山華子の元、修行中のSE伊藤英樹が記事を書いています)

ブログを書けなくなる理由は結構単純です。僕がよく見聞きするのは以下の3つです。

ブログが書けなくなる原因の1つ目は「求められる記事ばかりを書いている」こと。

たいていはこれが原因で書けなくなります。

もちろん、自分が想定するお客様に喜んでもらえる記事がかけることは素晴らしいことですし、とっても大事なこと。

だけど、そればかり考えていると、ついついPV至上主義になってしまって、本来自分が書きたい内容から遠ざかってしまいます。

ブログが書けなくなる原因の2つ目は、「読んでくれる人がいないと思ってしまうこと」「反応がなくて心が折れること」

あなたはどうでしょう?好きな人のブログを読んでコメントしたりいいねしたりしてますか?

よっぽど自分の琴線に触れた記事だったり、反論したい内容だったりした場合は、アクションを起こしたくなるかもしれません。

でも、いつも読んでいるブログでも、たいていは何のアクションも起こしませんよね。

実際はそういうひとがほとんどなのです。読んでいるけどアクションは起こさない。

ですから「ブログってそういうものなんだ」と割り切ると、ブログを書くのが楽になります。

ブログが書けなくなる原因の3つ目は「ネタ切れ」

ネタがない!というやつです。これは多くの人が陥るようです。「ブログ ネタ」という検索キーワードのがいつも上位に来ることからも、ネタ探しに苦労している様子がうかがえますね。

そんな時のために日頃から「ネタ帳」を作っておいたり、思いついたことを「下書き保存」しておくのがお薦めです。

他にも、誰かの記事の補足記事を書くなんて方法もあります。

僕は、過去記事を加筆修正して再アップしたり、キュレーション記事を書いたりして気分転換することが多いです。

視点を変えるといろんな方法があると思いますので、いろいろ切り口を探してみるといいですよ。
 

大切なのは、書きたいことを書いて楽しむ姿勢

時には、書きたいことを書いて自己満足に浸ることも大切です。

とは言ってもあたりまえですが、「自分の情報を丸裸に」する必要はありません。

なにを書いてなにを書かないべきか。

最初に線引しておくと楽になります。

この点については、
ブログやfacebookで自分をさらけ出すことが苦手なあなたへ」の記事に、詳しく書いてあるのでよかったら参考にしてみてくださいね。

これは僕個人の考えですが、結局のところ、ブログは楽しんで書く気持ちを忘れると書けなくなっていきます。

ほら、書きたいことがあるときってスラスラと文字が打てるじゃないですか。

書きたくないことを書きはじめると、タイピングスピードの明らかな低下と、思考能力の低下を体験します。

そして一度手を止めてしまうと、復帰するにもエネルギーが必要になるので、気を付けましょうね。
 

心が折れたら、読んでくれている人は必ずいると思うこと

ブログを読んでいても何も反応がないひとのことを、サイレントユーザーといいます。

インターネットでは95%ものひとがサイレントユーザーだという話を聞いたことがあるぐらい、反応がないことが普通なんですよ。

反応がなくて落ち込む必要はありません。コツコツと続けていれば、あなたの知らないところで芽が出て花が咲いているもの。

がけっぷち社長の記事にも、

ブログに反応がないと思っても読んでいる人は必ずいる」という記事がありました。

 

ブログを書き続けるために

  • 自分自身が楽しむこと
  • 読んでいる人は必ずいると思うこと

の2つを意識しましょう。焦らなくても大丈夫です。

反応がないことが普通なんですから。それでも、あなたの熱意のこもった文章は伝わっているはずです。
 
 
ブログで書きにくいことはこちらで書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top