Home / 自分メディア運用法 / ブログのお客様はどこからやってくるのか

ブログのお客様はどこからやってくるのか

ブログのお客様はどこからやってくるのか

ブログのお客様はどこからやってくるのか考えてみた
———————————————————–
ブログで集客したい、知名度を上げたい
小さな会社の経営者、個人事業主の方へ
———————————————————–

私、青山華子が、2009年ごろ書いていたメルマガ
あなたの価値を11倍高める「パワーブロガーへの道」
のバックナンバーです。

※一部、リライトしています。
__________________________________________________

こんにちは。青山華子です。

私がかかわってからなんと5年以上もコンサルティングを
継続してくださっている地方の小さな企業さんが、
先日50周年を迎えました。

あまり詳しくは書けませんが、飲食業・宿泊施設・宴会場
・お土産品の販売などがメインの会社です。

100年に1度の不況、従業員やお客様の高齢化、原材料の高騰、
後継者問題、などなど、本当に様々な問題がありましたが、
それを乗り越え、順調に売り上げを伸ばし、新店舗をOPEN
されたようです。

私がお手伝いしたことは、コンサルティングというよりは、
戦略立案+営業代行に近いのですが、この会社さんもブログ
営業をとりいれています。

ブログといってもアメブロなどの無料サービスのものでは
なく、正確には「ブログ型ホームページ」を使っているの
ですが。

【集客】を考える時、
お客様はどんな方々で、どこから何を見てやってくるのか

をもう一度原点に戻って考える必要があります。

仮に、もしあなたのお客様の層がブログやメルマガなどをほと
んど見ない層であるならば、検索エンジン対策をするよりも、
もっと別のことをやった方が効果的なこともあるのです。

ちなみにこの会社の場合、ほとんど検索エンジンからお客様は
来ません。お客様の年齢層が高く、団体客が多いため
やったことは以下のようなことです。

1・市役所(観光案内所)の「オススメ」ページの1番上に紹介
してもらえるように仕掛ける(ブログ型HPへリンク)

2・団体のお客様を紹介してくれる人を絞り込んで、その方々の
媒体で確実に紹介してもらう

3・ある企画でプレスリリースを打って地元の新聞や雑誌に
定期的にとりあげられている

4・特定の企業への販促活動

5・ブログでやっているのはリピーターの来店促進

特に「1」「2」だけで年間の60-70%売上を確保しています。

ブログは、ただ記事を書いていればいい、
アクセスアップすれば儲かる、というものではありません。

もし、あなたが集客でつまづいているのなら、
もう一度、初心にかえって

お客様はどんな方々で、どこから何を見てやってくるのか

をよく洗い出してみることをオススメします。

ブログの使い方・効かせ方は、直接的なものだけではなく、
間接的に効果を出すという方法もあるので、

アクセスアップだけに躍起になるのではなく、
やるべきことをやっていきましょう。

場合によっては、ブログは週1回くらいの更新にして、
別のことを組み合わせた方が効果がある時もあります。

■□今週のつぶやき

前向きな言葉を投げかければ前向きな人が集まる
嫌みや愚痴ばかりつぶやいていればネガティブな人が集まる
あなたの選ぶ言葉によって集まる人も変わってくる
どうせならツイッターで良い循環を起こそう
——————————————————–
今週一番RT(リツイート:引用して紹介されること)
されたのは、この発言。

青山華子ツイッターはこちらです。フォローしてね!
 
 
青山華子のメルマガではもっと詳しく解説しています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top