Home / 講師・コンサルタント・先生業 / 無料相談や無料セミナーをやるべきか?

無料相談や無料セミナーをやるべきか?

無料相談や無料セミナーをやるべきか?

どんなプロも最初は「初心者」。必ず「駆け出し」だった時代があります。

駆け出しの時、一番悩むのは「どうやって実績を作るか」
この時、無料でもどんどん実績作りをやるべきなのでしょうか。

私は、まだこの仕事をやり始めたばかりで、実績が少ないので、集客のために、まずは「無料相談」や「無料セミナー」をやるべきでしょうか?

「実力がつくまで無料で実践をしなさい」と言われました。無料相談はやったほうがいいですか?

このような質問も、よくいただきます。

この質問についての私の答えはいつも一貫していて、「無料での相談やセミナーはオススメしません」と回答しています。

なぜなら、無料提供は、「お客様がどんどんやってくる」魔法の杖ではないからです。
 

無料相談や無料セミナーをオススメしない理由

その1:無料で来る人はいいお客様にはなりにくい

「無料だから」と参加する人は、そもそも「自分で解決しよう、なんとかしよう」という意志が弱いことが多いので、対応するこちらもエネルギーを奪われます。依存度が高く「教えてもらって当たり前」な態度をとったりします。また、無料でなんでもクレクレ君が寄ってきたりするので、あまりいいことはありません。

その2:あなたの方に「甘え」が出る

「お客様からお金をいただいていない」=プロの仕事を提供しなくていい
ということではありません。

自分の未熟さ、講義の実力のなさ、自信のなさから「まずは無料で」と思うのかもしれませんが、お客様は「無料でも、価値がないものはいらない」のです。

自分はまだ「お金を取るレベルではない」と思うのなら、プロとしてのレベルを必死で高める努力をすべきと思います。

まずは実力をつけるためのトライアルとしてやる場合も、1000円でもいいから代金はいただきましょう。

その方が結果的にあなたのレベルも高まりますし、参加者の満足度も大きいのです。

その3:クレーム発生の元になりやすい

不思議なもので、「無料」とか「格安」でやってくる人の方が、むちゃくちゃな要求をつきつけたり、びっくりするほど要望が多く、図々しかったりします。

さすがにそこまでは無料では出来ないと思い、「それはサポート外だから」「ここからは有料」などと言おうものなら、ものすごいクレームをつけてきたり、もめてトラブルの元になることがよくあります。

その4:お客様の満足度が下がる

人は、たいてい「払ったお金」=自分の懐が痛んだ金額に応じて「ありがたみ」を感じるものです。
あなたがたとえ、無料ではありえないほどのものを提供したとしても、それなりの評価しかされないことがほとんどです。

その5:あなたの価値もなかなか上がらない

理由4と一緒で、どんなにいいものを提供しても「無料だからね」と思われてしまうことがほとんど。

無料でここまでやっているのに感謝されない!と自分自身に怒りが沸き、いい人扱いされたり「便利な人」と思われるだけで相手から尊重されず、がっかりしたという話をよく聞きます。

そこにかけた時間や労力を考えたら、そう思うのも無理はないですよね。

PCの前で悩む男性

 
理由1から5で説明したように、いいことがあまりない「無料」での提供。

そうは言っても、何か戦略や意図があって「無料」でやる場合もあるでしょう。なかなか自信がなくてお金を取れないとか、テストマーケティング的にやるという場合もあるでしょう。

その時は、必ず「期間」を決めて実行してください。

90日間だけ無料トライアル実施中とか先着100名様まで、とか実績が20人を超えるまで(自分の中でカウントする)などのように。

その際、無料での提供は、できるだけ労力やコストのかからない方法・モノで提供するようにしてください。

例)無料レポートや無料メルマガ、その場限りの時間限定コンサルティングなど。

フリーミアムの時代とかなんとか言われていますが、「まずはなんでも無料で提供しろ」という意味ではありません。無料提供をやりすぎて、あなたの価値をすり減らさないように注意しましょう。

もちろんアフターフォローとしての「無料相談」やセールスステップにちゃんと組み込まれた「無料コンサルティング」などは例外です。やるなら戦略をきっちり立てて実行することをオススメします。

【参考記事】
無料に来ても有料に来ない

 
 
メルマガではもっと詳しく書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top