ブログ

メディアに顔を出すということ(1)顔出しする?しない?

Pocket
LINEで送る

青山華子の写真

顔出し(顔写真の公開)はしないといけないのか

私がよく聞かれる質問に、
ソーシャルメディアやホームページに「顔出し」した方がいいのかどうか?というものがあります。

「顔出し」とは「顔写真」を公開することという意味です。

青山華子と言えば思い出すものの中に、
”顔出ししない、顔出しNG がけっぷち扇子の人”
というものがありましたが、私といえば「顔出ししない人」というのがだいぶ知られたからなのでしょうか。

最近は、作家さんやクリエイターさんなど「作品」を売っている方からの問い合わせやフリーランスの女性、これから独立・起業しようと思っている方からの問い合わせが増えています。

Facebookが流行ってからは「実名主義」「顔写真を公開」がセオリーという感じになってきたので、その際に悩まれるみたいです。

これはその方の職業や目的により異なると思います。
もちろん信頼担保=”私は怪しい者ではありませんよと示す”と
いう意味では、ないよりはあったほうがいいでしょう。

私自身の考えでは、「著作物や作品そのもの」が高い評価を得ている方、制作物で勝負する作家やクリエイターなどは、そこまで顔写真は重要ではないと考えています。
 

作家には顔出ししない人も多い

最後まで顔出しをしなかった作家といえば、
「クレヨンしんちゃん」の作者さんの例が思い出されます。
漫画家がメディアで素顔を晒すかどうかについて、
漫画家自身にも葛藤があるようだ。

やくみつるさんや黒鉄ヒロシさん、石坂啓さんなど
頻繁にメディアに顔を出す人もいれば、
素顔は公開しない、と決めている人もいる。

「クレヨンしんちゃん」作者の臼井儀人さんが
09年9月に不慮の事故で急死したが、
顔写真は新聞やテレビで使われなかった。

「クレヨンしんちゃん」を連載している
「まんがタウン」編集部によれば、
臼井さんは何があっても自分の顔写真は出さないと
決めていたのだという。

顔出ししない理由は、「ファンの夢を壊さないように」

作者の顔と作品がオーバーラップすれば、
作品の世界観に影響が出ることを恐れたということなのだそうだ

~「クレヨンしんちゃん」作者は顔写真を出さなかったより引用~
 

「クレヨンしんちゃん」作者 臼井儀人さんの人物像

漫画家は「謎めいていた方がいいから」「夢を売る仕事」という理由で「決して顔出ししない漫画家」として知られる。

遭難し死亡が確認された時にも国内のマスコミは
顔写真を公表せず基本的に国内向け報道では掲載しなかった。
このことは臼井自身の葬儀においても徹底され、葬儀は遺影も位牌もない密葬となった。

~ウィキペディアより引用~

私が顔出ししない理由は、臼井儀人さんのように「夢が壊れるから」という理由ではないですが、この姿勢にはすごく共感します。

顔写真を出そうが、出すまいが、それはどちらでも構わない。

ただ、どちらを選ぶにしてもメリットとデメリットを十分考えて、自分なりのポリシーをもってやるべきだと思います。現時点では「顔出ししない」ことのデメリットの方が多いと感じていますが、それはまた続きで書いていきます。

【関連記事】
顔出しNG本名を出さずに起業するには(保存版)
メディアに顔を出すということ(2)顔写真とイメージ

 
ブログで書きにくいことはこちらで書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

発信力を上げたい、売上アップしたい方のためのメルマガ

・ブログを書いてファンや共感者を増やしたい
・毎月の売り上げに波がある。安定的に集客をしたい!
・「●●といえばあなた」という存在になりたい!

そんな方向けに役立つ情報を毎週、19:30から20時に発信中。