ブログ

無料のオンライン会議zoomを使う時の注意点(服装・背景編)

Pocket
LINEで送る

全国どこからでもpcかスマホがあれば無料で接続できるzoomというオンライン会議システム。

この便利さに少しずつ触れてこられたコーチ、コンサルタントの先生もいるかと思いますが、今回は自宅でzoomに参加する場合の意外な落とし穴について説明したいと思います。

自宅からでも簡単に接続できる分、リアルでお客様と接するときに比べてついつい気も抜けがちです。

この記事では、先生としてzoomに参加する際

  • 服装
  • 背景

の重要性について、説明してみますね。

【ブログ集客コンサルタント 中村和幸がこの記事を書いています。】

こんにちは。青山華子さんのブログ作りのお手伝いをさせていただいている、先生相談室サポートメンバーの中村です。このたび記事を寄稿させていただきました。ぜひお役立てください!

 

服装の注意点・コツ

自宅からでも会議ができるからといって特に気を抜きがちなのが「服装」です。

家にいるとついつい「オフ」の自分が出てしまいがち。。。自分は気にしていなくても、講座を受ける側からしたら画面の向こうにいるのは立派な「先生」です。

特に、Facebookやブログなどで使っているプロフィール写真と明らかに違うと、相手に「え!?この人、本当に先生なの?」とビックリさせてしまうかもしれません。

(↑中村のプロフィール画像)

この記事を読んでいるあなたがそうならないように、服装でどの程度印象が変わるか、実際にいくつか撮ってみたので比べてみてください。

 

1.寝巻き→私生活感がこれだけで漂ってきます。先生感が感じられません。

2.カジュアル(パーカー)→親しみやすさはありますが、、、先生として登壇するなら「無し」ですね。

3.シャツ(細かいチェック)→シャツになると違和感はありません。ただ、柄ものだと画面がちらつきます。

4.シャツ(ストライプ)→こちらも、清潔感はありますが、やはり柄ものだと画面がちらつきが気になる方もいるかもしれません。

5.シャツ(無地)→これが最も無難でしょうか。服装でのマイナス要素が無い。というのは一番大切です。

前回の記事で紹介したzoomセミナーに登壇した際も、無地のシャツを意図的に着用して臨んでいます。

6.シャツ(無地)+ジャケット→かなりかっちりとした印象になります。会議の趣旨や、普段自分が打ち出しているイメージに合わせて、5か6を使い分けると良いでしょう(男性の場合、必要であればネクタイも)。

背景の注意点・コツ

パソコンやスマホのカメラを設置する場所で気を付けたいのが、背景です。

お部屋の作りや、家具・什器の配置の都合上致し方ない部分もありますが、これもいくつかよくあるケースを紹介したいと思います。

逆光→窓側、照明側にカメラを向けると、こうなります。顔が真っ暗です。怖いです。

背景がごちゃごちゃしている。私生活丸出し→これだと全然先生っぽくありません。

照明オフ→顔が暗いです。

照明オン。ライトのあるなしだけでも随分顔の明るさが変わります。

 

他の方はどうしているかも見てみましょう。

カジュアルな会合のワンシーン1(先生として登壇していません)

左上の方の背景は、和室感が出ています。

右下の方は、バックに白い布を張って背景をシンプルに見せるように工夫されたそうです。

残りの方は、私を含めて洋室の壁を背景にしていますね。和室か洋室かでも、結構相手に与える印象が変わりますし、明るいか・暗いかも、随分と差があります。

 

続いてもう一つ。

カジュアルな会合のワンシーン2(先生として登壇していません)

左上の方は和室(古民家)。照明の影響もあるのか、全体的に暖色系の印象がします。

左下の方は、ご自身のお部屋。木の扉や家具があるだけでも雰囲気が変わります。

右下の方は、後ろに白い布を張って背景をカバーしています。

 

画面写りを考えると、白い壁、白い背景の場所がベストですが、無ければ白い布や紙を買ってきて、壁に貼るなどの対策が良いでしょう。

(※カジュアルな会合でしたら好きな服装、背景で支障ありませんが、先生として登壇するときは、随分と印象が変わるんですよ。という一例です。念のため。)

 

白い布は、わざわざ手芸店に行かなくても、amazonや楽天などで簡単に購入できます。個人的には暖色系・クリーム系よりも、寒色系のパリッとした白色をおすすめしたいですね。

まとめ

服装、背景を工夫するだけでも、随分と相手に与える印象が違うことに気づいていただけたかと思います。

zoomを使うことに少しずつ慣れてきたら、

  • 普段の自分が打ち出しているイメージに合わせて、zoomでも同じ(似ている)服装を心掛ける
  • 背景も極力シンプルなものにする

というところを心掛けると良いでしょう。こういった気配りも実は意外とリアルと変わらないものですね。

 

【ブログ集客コンサルタント 中村和幸がこの記事を書きました】

こんにちは。青山華子さんのブログ作りのお手伝いをさせていただいている、先生相談室サポートメンバーの中村です。このたび記事を寄稿させていただきました。ZOOMの機能を活用して、ぜひビジネスの拡大にお役立てください!

HP→naka668.com

 

発信力を上げて自分の価値を3倍にしたい方へ

・「●●といえばあなた」という存在になりたい!
・ブログやSNSでファンや共感者を増やしたい
・業界の第一人者になって10年、20年続くビジネスをしたい

そんな方向けに役立つ情報を毎週19:30から20時に発信中。

私のこれまでのがけっぷちな人生で起きた様々なビジネルトラブルや体験談も、限定公開しています。

●保護中の限定記事のパスワードは、メルマガ1通目のプレゼントで全て公開中!