ブログ

お客様の脳内SEOを意識しよう

Pocket
LINEで送る

ブログでリピーターを増やすには?

SEO、SEOって言うけれど、そもそもお客様の頭の中に浮かぶキーワードがなければ、検索そのものがされませんよね、というお話。

※青山華子のメルマガ
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法より、内容を一部抜粋して編集した記事です。
 
こんにちは。青山華子です。

一度ブログに訪問して下さったり、facebookでフォローしていただいて【新規】の方を獲得しても、その後、何度も訪問していただかないと永遠に【いつも新規の人を集客し続ける】ことをしなくてはなりません。

これはお店の集客でも、リアルでも、ネットビジネスでも一緒で、「リピーター」が作れないと、ビジネスはうまく回りません。

では、ここで質問です。

多くの人にリピートしてもらうために必要なことは何ですか?

その答えは、

「 必要な時、あなたを思い出してもらうこと 」

なあんだ、と思ったアナタ、お客さんに「思い出してもらう」というのは簡単ではありません。

そして多くの方がこれができていないのですよ~。

今は、情報があふれる時代。
情報収集に熱心な方は、いろんなものを見ています。

ブログ、メルマガ、ツイッター、SNS、Facebook、本、雑誌、携帯メルマガ、ニュースレター、小冊子、フリーペーパー、TV、などなど。

もはやお客様は、検索エンジンで情報を探すだけでなく、ツイッターのクチコミを見て来るのかもしれないし、ブログの記事で知って来るかもしれません。

多くの情報の洪水の中で「思い出してもらう」には、お客様の【脳内SEO】に勝ち残らないといけないのです。

【脳内SEO】って何?と思った方も多いでしょう。

これは、私が考えた言葉ではなく、リピーター・固定客作りでデフレを止めるオトコ 一圓克彦さんの名言です。

「エンイチ」こと一圓克彦(いちえんかつひこ)です

一圓克彦さんのブログより下記の文章引用しています

—————————————————-

今週末飲み会の幹事を任された方がいるとしましょう。

お店選びの段階になると、その方の高性能サーチエンジンは場所やジャンル等でお店を検索します。

この高性能サーチエンジンとはもちろんお客さんの脳です。

お客さんは上位3店くらいの中から、目的に合いそうなお店をピックアップし、予約します。

この脳内サーチエンジンに対してSEO対策を施すんです。

—————————————————-

つまりどんなにブログやツイッターをがんばっていてもいざという時、思い出してもらえない(脳内の記憶に残っていない)と「集客」としては弱いということです。

私も、この【脳内SEO】で勝ち残るためにいくつかこだわってやっていることがあります。

そのひとつが【ネーミング】

たとえば、ブログだったら「がけっぷち女社長」で思い出してもらう。

言葉だけでなくビジュアルでも、関連した記事を書くことで何度も繰り返してキーワードを出しています。

これに何の意味があるのか!?とよく聞かれますが、

もちろん

【脳内SEO】に勝ち残るためですよ。

私の場合、先に覚えてもらえれば、あとでいくらでも売込むことができるので・・・。

これは、別名「指名検索」とも呼ばれるようですが、たとえば私の場合、名前や「がけっぷち」などの他にビジネスネーム、顔出しNG、パワーブロガーなどいくつか定番の検索ワードがあります。

あなたのサービス、製品、キャッチコピー、肩書はお客様に思い出してもらえるものですか?

★あなたの名前(ネーミング)、大丈夫ですか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一生懸命がんばっているのに、何かが足りないと悩んでいるなら、あなたの名前や製品名、サービス名が覚えられやすいものになっているかどうか、一度振り返ってみることをオススメします。

いろいろ工夫しながら、お客様に思い出してもらえる【脳内SEO】を強化していきましょう。

■□今週のつぶやき

誰かのマネをしても2番以下にしかなれない。
それなら、誰もやらなかったことで1番を目指したい!

あなたらしいネーミングで、脳内SEOを制覇してくださいね。
 
 
青山華子のメルマガではもっと詳しく解説しています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

発信力を上げたい、売上アップしたい方のためのメルマガ

・ブログを書いてファンや共感者を増やしたい
・毎月の売り上げに波がある。安定的に集客をしたい!
・「●●といえばあなた」という存在になりたい!

そんな方向けに役立つ情報を毎週、19:30から20時に発信中。