ブログ

2020年教育改革を前に、なぜ「自分の頭で考える」ことが必要になるのか?_21世紀型の教育についてトークライブ開催レポート

Pocket
LINEで送る

集合写真

●もっと自由に、もっと自分らしい生活を送りたい

●起業して好きなことで生きていきたい

そのために必要なものって、何だろう?

●自分の子供や次世代の人たちに、どんな教育をしていけばいいのか?

●これからの教育はどう変わるのか?

●教育の2020年問題とはどんなこと?
 
 
などを一緒に考える、鳥井謙吾さん主宰のオンラインサロン「ファーストペンギン大学」と、青山華子氏主宰の「先生相談室」合同トークライブ、21世紀型の教育「自分の頭で考える」は、2018年6月20日(水)、無事に開催終了しました。

「教育」をテーマに熱い討論あり、ワークありと熱い時間になりました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
 

【ブランディング戦略コンサルタント 松下一子がこの記事を書いています。】

松下一子

こんにちは。

ブランディング戦略コンサルタントの松下一子です。

青山華子さん主宰学びのコミュニティ「先生相談室」の事務局も担当しています。
 
 
あなたは、教育って、もう社会人になったから自分には関係ない

と思っていませんか?

私も、最初にこのテーマを聞いた時に、「うーん、私にはもう関係ないのでは?」と正直思っていました。

しかし、トークライブで

・教育の2020年問題と現場の葛藤

・学校や入試の変更

・青山華子氏のお父様の特殊教育のお話

を聞いて、

・自分の考え方や行動、価値観は、自分が受けた教育の影響を大きく受けている

・教育が大きく変わるということは、これからの考え方や行動、価値観もガラッと変わってしまう。

・「自分には関係ない」のではなく、「世の中の流れにおいていかれないように、しっかりついていかないとダメだ!」

という気持ちになりました。


 
お2人の話によると、今後求められていくのは、

●「主体性」を持った人

●「正解を知っている」のではなく、「自分の頭で考える」ことができる人

●「考えさせる力」「引き出す力」「柔軟性」を持った人

だといいます。

わたしたち講師、コンサルタント、先生業は、「コーチ」「ファシリテーター」「プロデューサー」のような役割を持つ存在になっていくでしょうとのこと。

この激動の時代を生き抜いていくために、

正解がないからこそ、自分の頭で考える

ことが、ますます重要になってくると、最後に締めくくられました。
 
トークライブの後は、参加者の皆さん同士で「今日から何ができるのか。自分たちはどうしていくのがいいと思うか」について話し合うグループワークを実施。

ワーク後は、各グループのリーダーの発表タイムもありました。


 
最後に鳥居謙吾さんと青山華子氏から、ひとことずつメッセージをいただき、トークライブは終了しました。

お二人は、「一人で大きな変化を起こすのは難しい、でも、自分の周りの6人に情熱を伝えていくことで、徐々に大きな変化につながっていく。ぜひみなさんの周りの6人に情熱を伝えていってください。」と力説されていました。
 
 
こちらのトークライブの様子は、

第一部は一般公開

第二部は鳥井謙吾さんのオンラインサロン「ファーストペンギン大学」と、青山華子氏の「先生相談室」のメンバー限定で公開予定です。

現在、編集中なので、公開まで少しお待ちくださいね。


実は、「教育」分野のプロでもあるお2人。
facebookでは、もっと詳しいコンテンツを日々、発信していますので、教育に興味がある方は、ぜひfacebookをフォローしておいてください。

鳥井謙吾さんFacebookはこちら
鳥井謙吾さんオンラインサロン「ファーストペンギン大学」はこちら

 

先生相談室の詳細はこちらからご覧ください。

先生相談室バナー

 

発信力を上げて自分の価値を3倍にしたい方へ

・「●●といえばあなた」という存在になりたい!
・ブログやSNSでファンや共感者を増やしたい
・業界の第一人者になって10年、20年続くビジネスをしたい

そんな方向けに役立つ情報を毎週19:30から20時に発信中。

私のこれまでのがけっぷちな人生で起きた様々なビジネルトラブルや体験談も、限定公開しています。

●保護中の限定記事のパスワードは、メルマガ1通目のプレゼントで全て公開中!