2023年にもっと飛躍するために年末、ブログを見直そう

Pocket
LINEで送る

青山華子のブログ

今年ブログをがんばって更新してきたフリーランス、個人起業家のあなたへ

ブログって書き続けるのはとても大変。

せっかくがんばって更新したのですから、1年の終わりには、一生懸命書いてきたブログもしっかり振り返ってみませんか?

振り返ることで、どの記事が集客に結びついたのか、思ったより読まれている記事はどれか?など、様々なことが見えてきます。

今回は、ブログの1年を振り返る上で大切になってくる考え方を紹介します。

来年もっと飛躍するために、以下の点をしっかりチェックしてみましょう。

ブログのコンセプトはぶれていないか?

ブログを書き続けていると、最初に決めたコンセプトから知らず知らずのうちにブレてしまっている可能性があります。

そうなってしまった場合は、しっかりと軌道修正しましょう。

ブレた先で新しいコンセプトが生まれていてそちらの方に注力した方がいいという場合は良いのですが、本業に関することが上手く書けなくて、どこかへ行ったとか、何を食べた等の日記的なことばかり書いてしまっていませんか?

本業の集客のためにはじめたビジネスブログなら、やっぱり「仕事につながっているかどうか」が重要なポイントになります。

趣味やプライベートな記事も、本業につながってなんぼなので、コンセプトが違う方向にシフトしていないかしっかりと見直しましょう。

どの記事が読まれている?

どれだけ力を入れて毎回記事を書いていても、読まれる記事とあまり読まれない記事にわかれてしまうのがブログというもの。

自分のブログ記事の中で、どの記事が読まれているのか、しっかりと把握しましょう。

なぜこの記事は読まれているのか? と考えると、どういう書き方をすれば読者に好まれるのかが見えてきます。

そこに集客のチャンスが生まれます。

読まれている記事に内部リンクを貼ろう

内部リンクとは、自分のブログ記事のリンクのこと。

読まれている記事に自分の他のブログ記事のリンクを貼ることで、ブログの回遊率を上げましょう。

一度の訪問で、複数の記事が読まれると、ブログとしての評価が高まり、Googleの検索順位にも良い影響を及ぼします。

かといって、読まれている記事に適当にリンクを貼らないでくださいね。

あくまで、リンクをはるのは関連記事のリンクにしてください。

内部リンクは上手に使えば、読者にとってもすごく良いものなので、活用しない手はありません。

読まれていない記事の見直しを

ほとんど読まれていない記事は、思い切ってテコ入れしましょう。

読まれていない記事にはいくつかの原因が考えられます。

  • 情報が古い、少ない
  • オリジナリティがない
  • タイトルと内容の整合性が取れていない

これらを意識して、情報の追記やリライトをするんです。

似たような内容の記事が存在する場合は、記事を1つに統合してもいいですね。

薄い内容の2つの記事よりも、濃い内容の1つの記事のほうが読まれる記事になります。

来年もっと飛躍しよう

せっかく読まれている記事でも、テコ入れをせずにずっと放置している人って意外と多いです。

常に新しい情報にリライトして情報を新鮮に保っていれば、検索順位もあがってきます。

毎日忙しくてなかなかテコ入れできないという方は、年末に一気にやってしまいましょう。

昔の記事を見直すと自分の文章力がアップしていることもわかるので、新しい発見もあって楽しいですよ。

そうそう、こちらの記事も参考にしてみてくださいね!

2022年末年始にフリーランスや事業主がやっておくべきこと

発信力を上げて自分の価値を3倍にしたい方へ

・「●●といえばあなた」という存在になりたい!
・ブログやSNSでファンや共感者を増やしたい
・業界の第一人者になって10年、20年続くビジネスをしたい

そんな方向けに役立つ情報を週2回、20時頃に発信中。

【実績】
●ある手法を取り入れて、半年後に粗利が月500万円アップした学習塾。

●単価10万円の講演料が7ヶ月で30万円になった研修講師。

●月収8万円だったコンサルタントが、メルマガとブログを始め、9ヵ月で月収50万円をコンスタントに稼げるように。

●今まで全然売れなかった88,000円の講座がブログ経由でコンスタントに売れるようになった講師。

●3,000円だった受講料を10,000円に値上げし、以前より2倍以上集客もコンスタントにできている講座の先生。

●ブログ経由で仕事が殺到し、新規の受注を一時ストップしたカウンセラー。

●初出版につながった。アマゾン2連続1位を獲得できたコンサルタント。

私のこれまでのがけっぷちな人生で起きた様々なビジネルトラブルや体験談も、限定公開しています。

【保護中の限定記事のパスワードは、メルマガ1通目のプレゼントで全て公開中!】