ブログ

差別化するにはどんな方法があるのか

Pocket
LINEで送る

ノートPCを打つ女性

差別化、差別化って言われているけれど一体どんな方法があるのか知りたいあなたへ

今日は「差別化」について書いてみます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小さな会社の経営者、個人事業主の方へ

自分の価値を高め、人が集まり続けるヒントを
書いているメルマガのバックナンバーです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。青山華子です。

最近、私の周りでは、

「差別化したい」、自分の「売り」を確立したい

と悩んでいる人、がんばっている人が多いようで、どういうふうに
考えたらいいのですか?と聞かれます。

単純に言えば、「ライバルがやらないことをやる」
できれば、ライバルがや「れ」ないことをやると最高ですね。

これにつきます。

あっ!ただ単に肩書をオンリーワンに変えるとか、そういうのは
だめです。あんまり意味がありません。

誰でもできることはすぐマネされるので、なかなかマネできない
ことを考えてください。

ただし、これは口で言うほど簡単ではありません。

差別化したことによって余計なコスト・人件費が発生することも
あるし、絞りすぎてお客様の数が少ない、ニッチ過ぎて需要がない
ということもあるので、慎重にやらないといけません。

◆よくあるのは「専門特化する」○○専門と専門分野を絞る方法。
症例に特化(足やせとか腰痛専門とか)というのもあります。

メリット:メッセージが届きやすくなる、技術が早く磨かれる
デメリット:それ以外のお客様は来にくくなるので
お客様の数がある程度いるものに絞らないと失敗する

◆お店だったらやっぱり「立地、エリア」
(この要因が一番大きい。ただし駅前は高いし移転コストもかかる)

ある意味「差別化」とは、「業界の常識」を破ることなので、
ライバルが誰もやっていないところに注目するというのもアリです。

◆時間(早朝、深夜、休祭日営業、時間を短くする、長くする)

◆形態を変える(デリバリー、セルフ方式、スカイプ、合宿方式、等)

◆お客様の層をずらす
通知表2の生徒のみをターゲットにした学習塾、経営者向けの占い
(これは私の例)など。

◆他の人がやっていない集客手段をとる

他にも

◆簡単、シンプルにする(10分カットQBハウスなど)

◆パッケージングする(丸ごとお任せパックなど)

◆コラボで相乗効果を出す
(4Fの漫画喫茶から3Fの居酒屋にデリバリー注文ができる)

◆主流と逆を狙う
(フェイスブックいらずの集客、顔出ししない人の写真撮影会)

◆価値観を変える
昼休みの10分で速攻元気!自費診療なのにいつも行列ができている
点滴TEN

ここは、立地とセットです。この場所だから成り立っているとも
言えます。なかなかうまいビジネスだな~と思いました。

私もたまに行くのですが、パワフルに働く外資系会社員やモデル
さんなどでいつも賑わっています。

◆「個人での差別化」
究極はこれです。あなたの人柄、接客、技術、個性で差別化する。
コミュニケーション力を磨く。

代表的なものをあげてみましたので、
何か自分なりの切り口が作れないか、いろいろ考えてみてください。

◇◇◇

これは私の考えですが、
そんなに差別化!差別化!と必死になる前に、もっと別のところを
見直した方がいい場合も多いんです。

実は「当たり前のことを当たり前にやっていない」ということは
ありませんか?

以下のようなことはないでしょうか?

■告知の量が足りない(お客様が来ないのは知られていないだけ)
⇒単純に量を増やす、媒体をいろいろ試してみる

■お客様にとってのベネフィット(価値・利益)がわかりにくい
⇒メッセージをもっとわかりやすくしてみる
(例)着るだけで3センチ背が高く見える服

■接客や対応があまりよくない、技術が未熟
⇒これではリピーターは増えませんね

あとは、コレ。

◆東京で当たり前のことを地方で徹底的にやってみる(効果大!)
◆他業種で当たり前のことを別業界で徹底的にやる(効果大!)

こちらの記事も、参考に。
サロンコンサルタント松本さんの記事です。
店舗出店においての差別化8要素

◆今日のポイント
・ライバルと自分のサービスを比べて違いを書き出してみよう
・差別化できる切り口があるかいろいろ考えてみよう
・当たり前のことを徹底的にやっているか見直そう

─────────────────────────────
■今日の”ビジネスに効く”言葉
─────────────────────────────

100回叩くと壊れる壁があったとする。
でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、
90回まで来ていても途中で諦めてしまう。

BY 松岡修造の言葉より

■毎日の様子はフェイスブックに書いています。
青山華子 フェイスブック

フェイスブックをやっていない方はこちらを見てね。
青山華子FBログ
 
 
メルマガではもっと詳しく書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

発信力を上げたい、売上アップしたい方のためのメルマガ

・ブログを書いてファンや共感者を増やしたい
・毎月の売り上げに波がある。安定的に集客をしたい!
・「●●といえばあなた」という存在になりたい!

そんな方向けに役立つ情報を毎週、19:30から20時に発信中。