Home / 起業・経営 / サービスはあなたの価値を一番わかってくれる人に売ろう

サービスはあなたの価値を一番わかってくれる人に売ろう

サービスはあなたの価値を一番わかってくれる人に売ろう
Pocket

●自分や自社のサービスをもっと高く売りたい方へ

「自分を高く売る方法」について考えてみました。

弊社では、研修事業のほか、システム開発やコンテンツ開発、WEBやワードプレスの制作などもしております。

と言っても、作っているのは私ではなくスタッフなのですが。

弱小の会社にしては、比較的、制作費は高めです。

※価格について知りたい方は弊社のホームページをご覧ください。
 
これは企業向けの価格ですが、過日、値上げをしちゃいました。ですが、特に不満も言われず、契約更新していただきました。

よく「価格を高くするにはどうしたらいいか」と質問されます。

自分をもっと高く売りたいと思うなら、【あなたの価値を一番わかってくれる人】を見つけることがまず第一です。
 

価値をわかってくれる人を見つける

たとえば、ホームページの制作で考えてみましょう。

弊社では、原則として素人の方からの受注を受けておりません。

なぜなら、はじめてホームページを作る方というのは、予算感とかやるべきことがよくわかっていないことが多く、下手をすると、5万、10万で作れると思っていたりします。

これは中小企業でも同じです。予算感が全くわからないし、そもそも制作の価値をよくわかってない会社もあります。
 
システム開発なんかもっと恐ろしくて、例えば楽天市場のECシステムは100万円くらいで作れるとか思っている人も多い。

そんなわけないでしょ!と言いたいですが、わからない人にはわかりません。

こういう方をお客様にしちゃったら大変です。

やっすい金額で頼んでくる方ほど、文句が多いですからね。

たまにうまーくお断りすると、

「こっちはお客様よ!」
「頼んでやってんのに!」
「断るなんてずうずうしい」

とか怒る方もいらっしゃいますので、そうならないように「あえて」最低価格をホームページに載せました。

そうしたら、値切りたい人は来なくなり、相場観を知っている方だけが申し込んでくださるようになりました。
 

ああ、ラッキー!!

弊社のターゲットは、「業界の相場がわかっている」企業

「一度、どこかにシステムやWEBを安く制作して、失敗したことがある企業」に絞っています。

弊社の技術レベルは高いので、こういう会社に最も評価してもらえますし、少しくらい高くても、感謝してもらえることが多いですから。

名刺交換する男女(2)

 
価格やサービスの価値とは、「お客様の中にある既存の概念」=これって●円が妥当だよねで作られているもの。
 

たとえば、セミナーなんかもそうです。

セミナーなんて無料でしょと思う方もいます。

3000円で「たっかーい!」と思う方もいます。

1万円くらいならまあいいかと思う方もいます。

30万でも100万でも価値があれば参加する

という方もいます。
 
ここが激しくすれ違うと、集客できませんし売れませんということになってしまいます。

ある人にとっては、10万でも安いし、価値がわからない人にとっては3000円でも高いのです。

価格ってそんなものなんですよ。
 
もちろん、「ある程度の技術保証がある」ことが大前提ですが、

自分をもっと高く売りたいのなら[あなたの価値を一番わかってくれる人は誰か]をつきつめて考えてください。

●高くても、その価値があるならば買うという方は?
●どんな人にもっとも価値を提供できるの?

まずは、これを探して決めることが一番大事です。

これができたら次!です。
 

「講演料」「講師料」の相場をまとめました

講師料や講演料の相場とシビアな現実
ビジネスマナー講師、コーチング、作家の講演料はいくら?
あのさかなクンの講演料は驚くほど高いみたいですよ^^
 
 
青山華子のメルマガではもっと詳しく解説しています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top