ブログ

和久田ミカさんを知る!<突撃!注目の起業家インタビュー>

Pocket
LINEで送る

子育ては自分を成長させるチャンス。

自分の心の声を「聞く・聴く・訊く」ことで、本来の自分へかえろう。

子育てコーチングを通じて「子育ては自分育て」との考え方を伝えている女性起業家のお話を聞きました。

先生相談室メンバーで、聞きまとめライターのくるみが、魅力的な起業家にインタビュー。

今回は、子育てアドバイザー和久田ミカさんから、起業のきっかけ、サービスについてお客様の反応などのウラ話をうかがってきました。

子育てをきっかけに「自分とうまく付き合う方法」を伝える

和久田ミカさんは子育てアドバイザーとして、自己肯定感の作り方や「聞く」ことを意識する子育ての方法について伝えています。

子育てについて数々の書籍が出版されているように、親の行動に唯一の正解というものはありません。

たったひとつの正解と見比べて苦しくなるよりも、たくさんの選択肢の中から自分で考えて選べる親である方が、もっと楽に子育てに関わることができるのでは。
この考えのもと、教師としての9年間の経験と自身の子育て体験、コーチングを学んで得た知識を総動員しながら、子育ての悩みを中心に個別相談を行っています。

個別セッションや講座に参加するのは、30代から40代を中心とした女性たち。
夫婦でセミナーを受講するケースに加え、独身の方や子育てを終えた方が講座を受けることもあるそうですよ。

講座で伝えているのは「こうするべき」というような一般的な子育てではありません。
子どもや自分に対して「聞く・聴く・訊く」ことを基本に、「自分と仲良く、子どもと仲良く」との考え方を広めています。

教師時代の保護者トラブルからすべてがはじまった

小学校の教師として9年間働いてきた和久田ミカさん。
その中で、子どもたちの心を動かすコツを身に付けてきました。

しかしある時、立て続けに保護者とのトラブルが起こります。
時間をかけて様々な対応をするも、まったく伝わらない状態が続いた上、学校の管理職から「教師失格だ」とまで言われてしまいます。

そのトラブルに対する感情を引きずったまま、妊娠を機に退職。
けれども、ずっと「どう伝えれば分かってもらえたのか」との問いが心に残り続けます。

 

「私に、本当に相手に寄り添って聞く力が無かったからだ」

保護者トラブルの件で自分に足りなかったものが見えてきたのは、退職してしばらく経ってからでした。
そこからちゃんと聞く力を身に付けるべく、聞くことが9割といわれているコーチングを学び始めます。

その時に学んだのはビジネスコーチングだったので、子育ての現場に応用するにはどうしたらいいのか、と試行錯誤しながら、その内容をブログで発信しはじめます。
その当時、子育てコーチングを扱うブログが少なかったこともあり、思っている以上のアクセスが集まりました。

さらに、地元で子育てコーチングを教える講座を開催するなど、活動の場を広げることに。
はじめは無料で、2年目からは低価格で、4年目からは仕事として取り組むようになりました。

 

もっと広く子育てコーチングを伝えようと、和久田ミカさんは子どものこころのコーチング協会を立ち上げました。
一緒に広めてくれるインストラクターを育てながら、子育てコーチングに関わる人を増やしています。
インストラクターの講座は初級、中級、上級コースに分かれており、数多くの方が続々と学びを深めています。

目を向けてこなかった自分の心の声を聞けた

和久田ミカさんの個別相談や講座を受けた人は、自分の中にある感情に目を向けることができ、喜びと希望を感じるようです。

  • 毎回新しい気づきがありハッとさせられ、最後にはグッと心が温かくなります
  • 今まで向き合ったことのなかった自分の感情に沢山向き合い、言葉にすることで、その時気付かなかった思いや、自分の傾向を知りました。
  • いつも質問から心の深いところへと導いてくれます。わたしの本質に触れて涙が出る体験でしたが、力が湧いてきました
  • 私も人と話すときミカさんみたいな相槌できたら、最高だなあって思いました。もっと聞くことの世界を知りたいです
  • 私はコーチングを身につけて、自分らしく生きるママを応援し続けたいです。 自分で選択して良いし自分で決めていい、 そんな自分らしい人生を楽しむための力になりたいと思いました!

個別相談では、話を聞くときの、和久田ミカさんのそっと寄り添うような姿勢にホッとして、自分でも気付かなかった想いを口にする方が多い様子です。

短い時間の中でも、たくさんの気付きを得られたことに感動し、自ら子育てコーチングを身につけたいとの意欲が高まる方も。
「生きるのが楽になった」と、知らない間に頑張り過ぎてしまっている女性に好評を得ています。

子育てをしながら「自分と仲良く」なるためのメルマガ

子育てがうまくいっていないと感じるときこそ、子どもではなく、自分のこころの声を聞くタイミング。

  • 子育ての情報があふれ過ぎていて、どう捉えればいいのか分からない
  • つい自分より家族や周りの人を優先してしまいがち
  • 子育て中の先輩がどう乗り越えたのか、体験談が気になる

こんな方にぴったりの無料メルマガです。

和久田ミカさんは小学校教師として9年、実際に子育て中の母親として得た様々な体験をもとに、ママを楽にするエッセンスを不定期でお届けしています。

子育てのヒントや自分自身の心の整え方について伝えているメルマガへの登録は、以下のリンクからどうぞ。

メルマガ:ママを楽にする魔法の言葉

和久田ミカさんのサービス

和久田ミカさんは、以下のサービスを提供しています。

  • パーソナルコーチング(個別相談)
  • 子どものこころのコーチング講座
  • DVD教材(自分らしく仕事をしていくための仕組みづくり講座他)
  • メールセミナー(世界一の『大好きだよ!』を伝える10か月プログラム)
  • 講演会・執筆

パーソナルコーチングを中心に据えて活動をしている和久田ミカさん。
対面でも個別相談を行いますが、8割ほどが「ZOOM」というオンラインシステムを利用した、遠方のクライアントだそう。

コーチング講座は月に1回ほどの頻度で行っている他、依頼を受けて保育園や幼稚園、小学校などでの講演会やワークショップも行っています。

また、和久田ミカさんは「子どものこころのコーチング協会」を立ち上げ、インストラクターを育成中。
「よい」「悪い」という単純にジャッジをするような考え方ではなく、「こうする方法もあるよ」といった選択肢を増やしながら、子育てをもっと楽にしていくための考え方を広く伝えています。

パーソナルコーチング(個別相談)の詳細はこちら

和久田ミカさんのプロフィール


子育てアドバイザー 。
ハートストリングス・コーチング代表。
子どものこころのコーチング協会代表理事。

9年間の小学校教師の経験と、コーチングの聞く技術から得た知識をもとに、悩みを解決したり、夢を叶えるサポートを行う。

クライアントのココロの声を聴き、 悩みの本質や本当の自分を引き出す個別相談は、3年間で100名以上に実施。講座の受講生は300名超え。

ブログ:子育ては「聞く」が9割でうまくいく

【インタビュアー紹介】

飛花くるみ
聞きまとめライター、Webライターとして活動中。
経営者向けのブログ作成サービスを展開しています。
飛花くるみ氏のブログ『聞きまとめライター』

 

発信力を上げて自分の価値を3倍にしたい方へ

・「●●といえばあなた」という存在になりたい!
・ブログやSNSでファンや共感者を増やしたい
・業界の第一人者になって10年、20年続くビジネスをしたい

そんな方向けに役立つ情報を週2回、20時頃に発信中。

【実績】
●ある手法を取り入れて、半年後に粗利が月500万円アップした学習塾。

●単価10万円の講演料が7ヶ月で30万円になった研修講師。

●月収8万円だったコンサルタントが、メルマガとブログを始め、9ヵ月で月収50万円をコンスタントに稼げるように。

●今まで全然売れなかった88,000円の講座がブログ経由でコンスタントに売れるようになった講師。

●3,000円だった受講料を10,000円に値上げし、以前より2倍以上集客もコンスタントにできている講座の先生。

●ブログ経由で仕事が殺到し、新規の受注を一時ストップしたカウンセラー。

●初出版につながった。アマゾン2連続1位を獲得できたコンサルタント。

私のこれまでのがけっぷちな人生で起きた様々なビジネルトラブルや体験談も、限定公開しています。

【保護中の限定記事のパスワードは、メルマガ1通目のプレゼントで全て公開中!】