Home / 生き方・働き方 / がんばらなくていいんだよの嘘

がんばらなくていいんだよの嘘

がんばらなくていいんだよの嘘

【がんばらなくていいんだよ】

という言葉や本が少し前に流行ったが、ずっと聞くたび違和感だった。

「あなたはありのままでいい」「今のあなたには価値がある」系の言葉。

この記事を読んでやっと腑に落ちた。

あなたは存在しているだけで価値があるのウソとホント

そうそう「2種類の価値」を一緒にしちゃってるから混乱するんだよねー。

1つの側面から見て「ひとはみな価値ある存在だから、ありのままでいい。無理したって幸せになれない」というのは納得。

ただしこれは「一人称の幸せ」(勝手に命名)の話。

今のままでも自分は幸せ。それは「他者から認められること」とは別の価値観だから。だけど恋人や結婚相手は現れないかもしれない。仕事で成功はしないかもしれない。

「今のまま=変わらない状況が続く」ということ。

だからいつまでたってもあなたを取り巻く環境は変わらない。

それでも幸せに生きていくっていうのはアリだと思う。問題は心からそう信じられるかどうか。

お金はなくたっていいし、恋人や配偶者がいなくてもいいし、仕事でつきぬけなくてもいい。今のまま、何もない自分のままで十分幸せ☆

心の底からそう信じられるなら「がんばらなくていい」と思う。

「二人称の幸せ」は、相手あってのことだから、あなたにいくら価値があっても認めて欲しい方にもそう思ってもらわないと、あなたが望んでいるものは手にはいらない。

たとえば恋人や結婚相手。
たとえば、憧れの転職先。
たとえば、ビジネスで売れること。
その道の第一人者になること。

あなたを知らない人(社会)から見ればあなたの価値はわかりません。あなたに価値があったとしても、知らないからわからない。

初めて会った人やビジネスの世界では、「あなたがいてくれるだけでいい」と思えるだけの存在価値はまだ生まれていないからです。

それに気づかずに、「あなたは存在しているだけで価値がある」で社会に出ると(就職・転職・起業など)、誰からも相手にされないという現実に直面することになります。

 
そうそう、これって恋愛でも同じだよね。自分を好きになるのと同時に、二人称の幸せも欲しいなら、そこは分けて考えたほうがうまくいくと思う。
 
facebookにたくさんのコメントありがとうございます。みなさんのコメントとても興味深いです。

 

【こちらもオススメ】
「がんばらなくていい」の奥にある深い意味

 
ブログで書きにくいことはこちらで書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top