Home / 起業・経営 / 「お詫び」「おことわり」に使える上手な言い回し

「お詫び」「おことわり」に使える上手な言い回し

「お詫び」「おことわり」に使える上手な言い回し

お詫び、お断り、やむを得ずNOという場合・・・
とりあえず、あやまっとけ、から「陳謝」のレベルまで、オトナはなにかとゴメンナサイする機会が多いもの。

面と向かってする謝罪は、「大変申し訳ございませんでした!」が言えればなんとかなる場合が多いものです。

問題は日常のちょっとした「スミマセン」をどう言うかです。しかもメールなど、書き言葉で伝えなければならない時に。

たとえば、知人からイベントの誘いを受けた時。
「すみません、行けません」だけでは当然、社会人の返事としては不合格。

こんなときに使いたい便利なフレーズをいくつか覚えておくとよいようです。

たとえば、冒頭に「せっかくのお誘いですが」とつける。
さらに「残念ながら」もつける。

これだけで、「実は行きたかったのにダメなのよ~」というニュアンスを醸し出すことができます。

こちらの記事にはそんな便利なフレーズがたくさん!
 
催促、お断り、お詫び…。「言いづらいこと」のメールはこう書けば解決する!

日常発生するプチお断りメールからこれぞ「誠意」というお詫びの方策まで、使える言い回しが盛りだくさん紹介されています。

ぜひ、一度目を通しておくことをおススメします。

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top