Home / 自分メディア運用法 / フェイスブック(Facebook)に集客依存するリスク

フェイスブック(Facebook)に集客依存するリスク

フェイスブック(Facebook)に集客依存するリスク
Pocket

講師、コンサルタント、先生業の方は、講義や研修、セミナー、打ち合わせ、コンサルティング等が忙しく、なかなかまとまってPC前にいる時間が取れない方がほとんど。

そのせいなのか、どうしてもビジネスブログが続かない、時間がなくてなかなか書けないという声をよく聞きます。特にフェイスブックが流行ってから、ブログよりもフェイスブックに力を入れている人が多いようです。

フェイスブックは、いいね!などを集めやすいし、上手に使うと効果を上げやすいメディアですが、集客をフェイスブックに頼りすぎ、依存すると、万が一、フェイスブックが使えなくなった場合に、大きな影響がでることは間違いありません。

フェイスブックも「他社が運営しているメディア」ですし、規約違反に触れたらアカウントを凍結されたり、削除されます。今日はそんなお話です。

*****

過日、私の知人が急に数日、フェイスブックにログインできなくなった時、ふと自分がアメブロ削除された日のことを思いだしました。

今まで毎日使っていたものが、予告もなく急に使えなくなったらとても困りますよね。

あなたは、フェイスブックが使えなくなっても大丈夫ですか?アメブロがなくなっても大丈夫と言えますか?LINEも一緒に使えなくなくなってしまったら???

広告にあまり予算を使えない小さな会社の社長さんや個人起業家にとって、無料のメディアはとても大事ですね。

ただ、あまりにもソーシャルメディアに依存しすぎるのはオススメできません。

私も、過去に痛い目にあったので、それからリスクを常に考えるようになりました。その時、思ったのが以下のようなことです。

●今うまくいっていることでもずっとうまくいき続けるとは限らない。

●ピークを過ぎたらそのメディアの勢いは下降する。その前に次に備えなければいけない。

●他社の無料サービスは、いつどうなっても文句は言えない。突然、サービス停止になったとき慌てないように自分から連絡できる手段(メールアドレス、電話番号等)はしっかりと取得する仕組みがないといけない。

●常にリスクヘッジを怠らない。バックアップを取ることは重要。PCも消耗品。壊れた時に備えてデータをきちんと保存する。メールもバックアップを取ること。

●検索では「覚えられること」が大事。ビジネスネームを「青山華子」にしておいてよかった。(難しい漢字は検索されにくいから)

●結局、最後は「人との強いつながり」が残る。

これらは、当たり前すぎるくらい当たり前のことですが、何もない時こそ、いざという時のための準備をしておきたいもの。

全てが他社のメディアというのは、危険な状態です。

自社のサービス(ホームページや独自ドメインのブログ、せめて独自発行のメルマガ)は、早いうちに育てておきたいですね。

■お問い合わせフォームや連絡先はきちんと明記されていますか

ソーシャルメディアがメンテナンス中やエラーなどでたまたま見られなくなっているという状態も起こります。

そういう時、あなたとすぐに連絡を取りたい方は、検索エンジンに「名前 ホームページ」「会社名 ホームページ」「名前 ブログ」などと入力して調べるか、あなたのメールアドレスをメールボックスから検索して、電話番号を探すなどするはずです。

例えば私だったら「青山華子 ブログ」など。

無料ブログのメッセージ機能は、同じブログサービスを使っている人しか使えません。ツイッターなども同様です。

何もやっていない人が連絡を取りたいとき困らないように、検索された結果、表示されるページにもきちんと「お問い合わせ
フォーム」を設置したり、メールの署名欄に電話番号を書いているか確認しましょう。

◆今日のポイント

・何もない時こそ、自分のメディアを見直そう
・もしもに備えてバックアップは徹底しよう

─────────────────────────────
■今日の”ビジネスに効く”言葉
─────────────────────────────

備えあれば憂いなし

BY 殷の宰相傳説の言葉より

■毎日の様子はフェイスブックに書いています
青山華子フェイスブック
 
ブログで書きにくいことはこちらで書いています
 
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top