Home / 講師・コンサルタント・先生業 / やりたいことと売れることが両立しないとき

やりたいことと売れることが両立しないとき

やりたいことと売れることが両立しないとき

やりたいことと売れるものの間で悩んでいるあなたへ

やりたいこと、好きなことで起業したいけれどそれは売れないって最初からわかっている。

たとえば生活保護の方を応援するビジネスをしたいけれどその方たちはお金を持っていない。

どうしたらいいでしょうか?という相談をたまにいただきます。

うーん、これはね、以下の3つの方法しかないと思います。
 

やりたいことが売れないものである時できること

1、収益源を別に立ててやりたいことはライフワークとしてやる。

2、マーケットやサービスの価値をずらして考えてみる。なんとか儲かりそうなマーケットを見つける。

3、今すぐできて得意でお金になることで起業し、それを好きになる

好きなことじゃ儲からない。じゃどうする?という記事で、具体的に書いてみたので読んでみてくださいね。

ワーク

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
場合によっては、時代のトレンドが変わって急にマーケットができる場合もあります。

私もやはり起業当初は、同じ問題がありました。

時は、2000年。

「女性がずっと働き続けられるサポートをしたい」と思い、女性向けの研修や女性管理職研修を企業向けに売ろうとがんばったのだけれど、全然、受注が取れない。

社員研修の話が来るのは、男性向けやIT系のものばかり。

それでも売り上げはたてないといけないので、95%オジサマに毎日囲まれながら「これも実績作り」「大事な収入の1つ」と割り切ってやっていましたね。

たまに「なんのために起業したんだろう?」と情けなく思ったこともありました。

でも、やっているうちにこう思ったのです。

どうしてもやりたいなら、赤字にならない程度に採算度外視でやってみよう。それをやるために、収益源もちゃんと確保しておこう、と。
 

場所、地域を変えるとマーケットが見つかることもある

いろいろ探してみると、地方に私がやりたかった仕事はありました。

地方は、優秀な男性が都会へ出てしまい、地元にいい人材があまり残っていない。そのため、中小企業は、優秀な女性を活用せざるを得ない。

でも、周りには、女性のキャリアモデルになるような女性がいないから、ぜひうちで女性向けの研修をやって欲しいという話がいくつもありました。

本当は東京でやりたかったのだけれど、それは一時あきらめ、依頼があればどこへでも行きました。

片道6時間以上かかるところまで行き、行った先には、交通機関がなくて社長自ら駅まで車でお出迎え、なんてこともありましたね。

仕事も、問題山積みで大変でした。

毎日毎日、悪戦苦闘しながらも、やはり好きなことをやるのは、楽しかったです。

でも、好きなことだけやっていては生活ができません。

なので、相変わらず男性向けの研修やコンテンツ制作なども続けていました。

いつか、もっとやりたいことをやれる日が来るのを夢見ながら。

そして、時代は変わり、突然、「女性の研修」の依頼が、何もしなくても殺到する日がやって来ました。

その様子はこちらで書いています。

やりたいことと求められていることがなかなか一致しない時
 
 
本当にやりたいことは、すぐにはできないこともあります。

でも、いろいろ模索してみると解決策が見えることだってある。

さて、あなたはどこをずらしてみますか?

これだったらいいかも!と思う方法を参考にしてみてくださいね。

 
 
メルマガではもっと詳しく書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top