Home / 個人ブランディング / ブログでブランディング、やりすぎにご用心

ブログでブランディング、やりすぎにご用心

ブログでブランディング、やりすぎにご用心
Pocket

ビジネスのために始めたブログ、続いていますか?

システムエンジニアの僕、伊藤も、がけっぷち社長の会社で慣れないブログを無理やり・・・いえ、勉強として書いています。
 
伊藤英樹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ビジネスブログを書く時、注意したいのは、宣伝や売り込みばかりになっていないかということ。

あなたがもし、誰からも好かれる超有名人ならば、宣伝や売り込みばかりのブログになっても誰も気にしないかもしれません。

それはあなた自身の情報がほしい! と思っているファンがすでにいっぱいいるので、宣伝でもそれが良いコンテンツになるからなのです。

でも、あなたの知名度がまだないなら、それをやるとブログは全く読まれなくなります。

たとえば、僕が毎日、宣伝ばかり書いていたらどうでしょうか?

きっとあなたもすぐにぷちっとページを閉じてしまうのではないでしょうか。
 

あなたの日常を見せることで、心の距離を縮めよう

過日「自分を売るってどういうこと?」という記事でこの質問をしたのは実は僕です。

会社のある方から「自分を売ってこい」と言われてどうしたらいいかわかんなかったんですよ。ぶっちゃけ「自分を売る???」って頭の中は?がいっぱいでした。

その後、複数の先輩方から具体的な説明をしてもらってやっとわかったわけなんですが・・・。

で、この画像を元に説明してもらってなんとなくわかりました。

心の距離

 
そう僕たちもメディアで「自分を売る」ことをやらなくては!!!

ビジネスについて熱く語るあなたも素敵ですが、もっとゆるく「飾らないあなた、普段のあなた自身」を見せることも大事なことなんですよ。

何かの仕事をしようと考えたときに、誰と一緒にするかの判断材料は、能力も大切ですが、自分の好感の持てる人が選ばれることが多いです。

仕事でも結局は人間。このひととだったら一緒に仕事がしたいと思う人を選んじゃうんです。

「あのひとはデキるからね。」なんて言ってても、そんなのは後づけの理由。だって、超人でも嫌いな人と仕事するのは苦痛すぎませんか?

だからこそ、あなた自身がどんな人間であるか発信することも、ビジネスに繋げる上でとても大事なことなんですよ。
 

「書く価値のある記事」を自分で判断しない

「この内容の記事なら私よりももっと上手に書ける人がいる」

そう思って記事を書くことをやめたことありませんか?僕はたまにやります。

気持ちはわかりますが、それは機会損失になります。

ブログを書き続けているとわかるのが、「意外な記事が読まれる」ということ。

意外な記事が、意外な人の目に止まり、意外な出会いを生む。

「書く価値のある記事」を勝手に判断して、そんな機会をみすみす逃しているのかも。

書いた記事はあとでだって修正できるので、あまり価値があるかどうかを考えすぎず記事を書くようにしてください。
 
戦略的ももちろん大切ですが、何も飾っていないあなたの素の記事が、お客様の心に刺さるということもあります。

難しく考えずに最初は趣味を書いてみるのも良いでしょう。

とにもかくにも「まずやってみよう」と思えるようになるといいですね。

自分も精進します。
 
 
【こちらの記事も参考に】
実績や実力がない時ビジネスブログに何を書く?
実績がない駆け出し講師・コンサルタントはどうすればよいのか?
 
 
・ブログを書いてファンや共感者を増やしたい
・毎月の売り上げに波がある。安定的に集客をしたい!
・「●●といえばあなた」という存在になりたい

そんな方向けに書いている青山華子のメルマガ
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top