Home / セミナー・イベント関連 / 仕事が取れる名刺とは

仕事が取れる名刺とは

仕事が取れる名刺とは

  【名刺は、逆から考えて作るとうまくいく】
  

■あなたの今の名刺、仕事につながっていますか?

名刺からお仕事の問い合わせが、受注につながっていますか?

名刺交換後に、相手からの反応はありますか?

この質問をすると、
「あんまりつながってません」と答えが返ってくることが
多いです。

「名刺はあるけど、なんとなく作成しただけ」
「誰かのものを見本にして、とりあえず必要な情報を入れました」
「プロにお任せで作ってもらいました」

という方がほとんどで、工夫をしているとしても、

「デザインをかっこよく仕上げてもらいました」とか
「名刺の専門家に、プロフィール満載名刺を作ってもらいました」

という方がいらっしゃるくらいではないでしょうか。

ビジネスパーソンのほぼ100%が持っていると言っても
過言ではない名刺。

名刺は、初対面で必ず受け取ってもらえる営業ツールにもかかわらず、
「名刺に力を入れている方が少ない」
というのは、ある意味、すごく大きなチャンスです。

私は、不動産営業をしていた会社員時代から、名刺をきっかけに
仕事を受注していました。

会社が作成している名刺の他に「個人名刺」を作り、
渡して、反応を見て、また微修正して・・・と試行錯誤を繰り返し、
自分なりに「名刺交換から、仕事につなげるコツ」をつかんだと
自負しています。

起業して13期目に入った現在も、名刺をきっかけに
仕事につながることが多くあります。

でも、一見、私の名刺を見ただけでは、どうしてそうなるのか
ほとんどの方がきっとわからないと思います。

だって、見た目には、そんなに違うところはありませんから。

では、どこが普通の名刺とは違うのでしょうか?

●名刺の役割 名刺って何のためにあるの?

その話をする前に、原点に戻って大事なことを整理します。

そもそも、名刺って一体なんのためにあるのでしょうか?
名刺の役割について、考えたことはありますか?

・自分のことを知ってもらうためでしょうか?
・サービスや製品について知ってもらうため?
・こんな人ですよ、怪しくないですよということを証明し、
 信頼を担保するため?
・自己紹介がしやすいように?

私の答えは、
「こちらが狙った行動を起こしてもらうため」です。

具体的には、
「相手から連絡をしてもらうため」
「その時の連絡先をお知らせするため」
にあります。

もうすでに相手があなたのことを良く知っていて、
メールや携帯電話などの連絡先を知っている方に、
わざわざ名刺を渡す必要はありませんよね?


●名刺は逆から考える

と、いうことで、名刺に何を書けばいいのか、
どんな名刺を作ればいいのか、を考える時、
真っ先に考えるのは、これです。

あなたは、名刺交換をした方に、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どんな行動をしてもらいたいのですか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということをきちんと考えるということです。

たとえば、

◆サービスに興味を持って質問して欲しい

◆相手から何かに突っ込んでほしい
 ( 話のきっかけ作り )

◆あとで問い合わせをしてほしい

◆メルマガ、ブログ、FBなどに登録してほしい

◆セッション、セミナーなどへの申し込みがほしい

◆あとでメールが欲しい

◆あとで電話が欲しい

◆お客様を紹介して欲しい

など、いろいろありますよね。

これらの「して欲しい行動」に優先順位をつけ、
多くても3つまでの行動をしてもらえるように、
名刺に盛り込むことを決め、構成を考えるのです。

名刺は、サイズが決まっていて、書ける文章の量や
盛り込める内容には制限があります。

広げるとA4サイズになる名刺とか何ページもある
冊子のような名刺なども、あることはありますが、
だいたい、名刺は、裏表1枚か、せいぜい2つ折り名刺に
書ける範囲内のことしか書けないのがほとんど。

限られたスペースの中に、あれも、これもと盛り込んでも
結局何も伝わらないのです。

ですから、「相手にしてほしい行動」の優先順位の
高いものから、「わかりやすい位置」に「わかりやすい表現」で
しっかりと情報を盛り込む必要があります。

●では、名刺には、どんな情報をどこに書けばいいのでしょうか?

まず、名刺を渡した相手にして欲しい行動を決めました。
次に、それに優先順位をつけて、3つまで選んでいただきました。

名刺の構成は、

「して欲しいことを、目立つ位置に、わかりやすく記載する」

というのが原則です。

ただし、会社名、名前、肩書、メールアドレス、電話番号などの
「基本情報」と呼ばれているものは、名刺の表面に入れることを
おススメしています。

この基本情報を、どこまでいれるのか?についても、
やはり「優先順位の高いものから順に、必要なものを配置する」
ようにしていきます。

名刺の要素、構成、デザインなどについては、文字だけでは
なかなか伝えにくいので、今日は、前回、私の開催している勉強会に
参加した、心理カウンセラーの吉田亮介さんの名刺を例に説明
させてください。

 こちらの記事に実物があるので、名刺をご覧ください
   ↓   ↓   ↓

名刺の反応率を3倍アップ!名刺を見直したいあなたへ


●表面には必要情報を記載

 ⇒住所は優先順位が高くないので、途中までしか記載していません。
 どんな人に、何をしているのかをわかりやすくしました。


●体験セッションに申込んで欲しい

 ⇒これが優先順位の高いことの1つなので、中面に
 詳しい内容、金額、QRコードも記載して盛り込みました。


●次にして欲しいことはお問い合わせ

 ⇒お問い合わせがメール、電話ですぐできるように、受付時間帯も
 書いて、わかりやすいところに明記しました。

●その次に優先順位が高いこととして、JJ掲載のことを伝えたい
 ⇒裏面に記載しています。

●名刺のカラーを「ピンク」から癒し・安心のグリーン系のカラーに変更
 ⇒公式サイトと同じ色にして統一感も出しました。

こんな風に、
「相手にして欲しいこと」を中心に、名刺をリニューアルされました。

吉田さんは、今、お客様が来すぎて、
新規の受付をストップしているそうです。

もちろん名刺だけの効果ではありませんが、
「誰に どんなベネフィット(利点)があるか」
伝わるようになると、お客様からの反応は全く変わります。

●異業種交流会やセミナー等で名刺交換をすることが多い方
●口下手なので、名刺で仕事のきっかけをつかみたい方

は、ぜひ私のこの記事を読んで参考にしてみてくださいね!
 
 
メルマガではもっと詳しく書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top