Home / 自分メディア運用法 / アメブロ(アメーバブログ)削除対策をどう考えるか 

アメブロ(アメーバブログ)削除対策をどう考えるか 

アメブロ(アメーバブログ)削除対策をどう考えるか 

アメブロ(アメーバブログ)がピークだった2008-2010年頃に比べて数が減ったとはいうものの、まだまだアメブロをビジネスで利用している個人起業家の方は多いようです。

アメブロでの商用利用が禁止になり、監視が厳しくなってからもう何年もたちます。

少し前ですが、あのパワーブロガー養成講座の田渕さんのブログも2度削除されたようです。

**田渕さんのフェイスブックのコメントから

●2回めのアメブロ削除をされました

まいどです。田渕です。
私のアメブロですが、昨夜削除されたようです。
まあ、私のジャンルは、そもそもいつ削除されても
おかしくないジャンルですし、それは仕方がないですね。

アメブロ削除は、

1:削除されるジャンルか?
2:削除される記事を書いているか?
で見られます。

今後どう運営していくのか?ホームページに書きました。

ブログでお店に集客する方法(田渕隆茂公式HP)
 

【アメブロ削除に備えてやれること】

私もアメブロ削除されたことがあるので、対策を書いた過去記事を紹介しておきます。

リスクを覚悟でやるならば、対策として以下の3つの方法が考えられるでしょう。

  1. ビジネスの宣伝を書かない、ブランディングのためにブログを使う
  2. 商用利用制限にひっかからないように運営していくが、念のためいつ消されてもいいような対策をしておく
  3. メインをアメブロからオリジナルドメインのブログに移す、または併用する(私はこのパターンです)

【緊急号】アメブロ「ブログじゃんじゃん」が削除に

【臨時号】アメブロ削除のその後は・・

アメブロのバックアップ方法を紹介しているページ   
(七星さんの記事です)

※実行は、自己責任でお願いします。
 
 
全部をバックアップする必要はない人もいるので、こんな方法もありですね!
 
アメブロのバックアップをして気づいたこと 仕事をしている女性
 

【質問】もうアメブロは集客に使えないんですか?

なぜか田渕さんが削除されると私のところに質問が来ますが、そんなことはないと思います。

ただ今後、ブログをどうしたらいいかは、「あなたのITスキルとビジネスのステージ次第」だと考えています。

ついでに言うと予算をどれだけ使えるかも関係します。 入り口メディアとして使うならば、アメブロはまだまだ読者を集めやすいメディア。私はこんな風に使うことをおススメしています。
↓ ↓ ↓
【参考記事】 ブログ、facebook、メルマガで「自分メディア」を作る(1)
 
一番いいのは、ホームページや独自ドメインのブログ、メルマガなどと併用してやるという方法です。

アメブロは、サブブログとして書いていくのです。

あなたのITリテラシーが高ければ、アメブロはさっさとやめてワードプレスなどの独自ブログで新しくブログを書くことをおすすめします。お金をかけられる方は、サーバの設定とワードプレスのインストールを外部に頼んで「ブログ記事を書くだけでいい」状態にしてもらいましょう。

書くだけならワードプレスはそんなに難しくありません。
まだそんなレベルじゃない、難しいことは苦手という方は、バックアップをとりながら、メルマガを始めましょう。
 
【こちらの記事も参考に】
アメブロはまだ集客できますか?
アメブロは、まだ集客に使えますか?
アメブロとワードプレス講師やコンサルタントが今から始めるなら?
 

【質問】○○さんはどうして削除されないんですか?

知らんがな(笑)

○○さんのところには実名が入ってましたが、さすがに公開はひかえておきます。

この質問が一番多かったんですが、私が知るわけがありません。
単純に「見つからなかっただけ」かもしれないし、これから削除されるかもしれないし、ずっと消されないかもしれません。

アメブロに限らず、フェイスブックでも、ツイッターでもアカウント停止はあります。アメブロ以外は、復活できる時もあるらしいですが、完全削除されてしまった例もあります。それが「無料で使えるメディア」の宿命。

嫌ならば自衛するしか方法はありません。

メインのメディアは、独自のサービスを使う
(ホームページ、独自ブログ、独自配信のメルマガなど)

消されても大丈夫なように人間関係をしっかり作っておく

複数のメディアを運営する などして、自分ができると思う方法で、あなたの自分メディアを大事に育てていってください。
 
 
メルマガではもっと詳しく書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top