Home / 起業・経営 / 売上20%以上アップの美容室がやったこと

売上20%以上アップの美容室がやったこと

売上20%以上アップの美容室がやったこと

これを変えるだけで売上が20%以上アップした美容室。

たとえば、こんな例がありました。

———————————————————–
ブログで集客したい、知名度を上げたい
小さな会社の経営者、個人事業主の方へ
———————————————————–

私、青山華子が、2009年ごろ書いていたメルマガ
あなたの価値を11倍高める「パワーブロガーへの道」
のバックナンバーです。
※一部、リライトしています。
__________________________________________________

こんにちは。青山華子です。
あなたのビジネスは、順調に進んでいますか?

私は、やっと本の原稿を書き終わり、少しほっとしているところです。

◇◇◇

先日、ある美容室へ行きました。

ここは、海外情報を交換するコミュニティがきっかけで店長さんと
知り合い、いつの間にか私がブログやツイッターの集客をちょっと
だけお手伝いすることになったお店です。 店長さんは、50代の女性。

こちらがびっくりするくらい勉強熱心な方です。

最初の頃は、ブログやツイッターに慣れていなくて、
「あれが大変」「これが大変」といつ何を聞いても
「大変」だとおっしゃっていました。(苦笑)

先日、おそるおそる、「最近はいかがですか?」と質問したら
「○○を変えてからネット、ブログ経由のお客様が増えてます!」とのこと。

「まだネットに慣れませんけど、
お客さんが来るのでやめられないですね」
と笑顔でにっこり答えてくださいました。

大きく変えたのは何かと言うと、実は、「営業時間帯」です。

開始時間を、どこよりも早い9時に、結婚式などのシーズンは、8時に
オープンすることにし、その分、終了時間も早くしました。

そのヒントとなったのは、yahoo知恵袋に書きこまれたこんな書き込み。
(内容は一部、変更しています)

Q:友人の結婚式が12:00から始まります。
早めに美容室で髪をセットしてもらいたいのですが、
8時くらいからやっている美容室は●●あたりでありますでしょうか?
教えていただければ幸いです!

—————————————————-

実は、ここの美容室の営業エリアには、大きな結婚式場、ホテルが5軒
あるのです。 お客様との会話でもよく、
「オープン時間がもっと早ければいいのに」と言われていました。

もちろんお客様の希望があれば、早くお店を空けていたようですが、
多くのお客様はそのことを知りませんでした。

そこで、ブログやツイッターなどに、その旨を書くようにしたところ、
結婚式やイベントに出席する人だけでなく、
忙しいママや、ビジネスウーマンの方など、
「出勤前にささっと髪を切りたい」「プレゼンの前に髪を切って欲しい」
「子供の発表会前にヘアメイクをして欲しい」という人が殺到し、
朝の予約枠はあっという間にいっぱいになってしまったのだそう。

そこで、思い切って営業時間を変更し、

●●地域で一番朝が早い美容室  

等のキーワードで、いろんなサイトに登録しまくったところ、
それを見て来店する人が増え、売上が20%以上アップしたそうです。

全国展開しているチェーン店ではないので、すぐに思い立って営業時間
を変えられる行動力がすごいですが、
これが他の美容室とのわかりやすい差別化になり、
PRがしやすくなったとうれしそうでした。

朝早いと大変ではないですか?と聞いてみたところ、あれほどブログや
ツイッターは大変、大変と言っていた店長さんが、
「シフト制で2交代なので問題ないです。

むしろママの美容師さんは早 く帰れるので喜んでいます」とのこと。
やってみてわかったことですが、このエリアに住んでいる方は、忙しい
方が多く、美容室にゆっくり時間をかけられないそうなのです。

そこで、忙しい人がさっと受けられるように「15分ヘッドスパコース」
「15分クイックメイク」などの「クイックメニュー」を作ったところ、
これもヒットしているようです。

反対に、ここの近くの別の美容室は「夜遅くまで営業している美容室」
という点をPRされていました。確か営業時間は、13:00-24:00か
25:00くらいまでだったように記憶しています。

上手に住み分けして、お客様のニーズに応えているのですね。

私がここで言いたかったことは、単純に「営業時間帯を変えましょう」
ということではありません。

実際の経営は、人件費や光熱費などのコストをシビアに考慮しないと
いけませんので、実行する前に綿密な計算は必要です。

ただ、いろんな情報が混在している現在、
「わかりやすい、覚えられるキャッチコピー」は
ネットで検索され、口コミを起こすためにかなり重要だということ。

そして、いつでも
「お客様の動向をしっかり見ている人がビジネスを制する」のだなあと
思った出来事でした。

「成功はゴミ箱の中に」という本がありましたが、この例はまさに
「成功はお客様との会話の中に」ですね。
売上アップのヒントを握っているのは、いつでもお客様なのです。

 
 
メルマガではもっと詳しく書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top