Home / 自分メディア運用法 / パワーブロガー田渕隆茂さんのブログに学ぶ「巻き込み力」

パワーブロガー田渕隆茂さんのブログに学ぶ「巻き込み力」

パワーブロガー田渕隆茂さんのブログに学ぶ「巻き込み力」
Pocket

パワーブロガーの真の威力は、【巻き込み力】にある

【巻き込み力】とは、何かを仕掛けた時、どれだけの人が応援してくれるかどんな人が快く応援してくれるかどこまで巻き込めるかが問われるチカラ。「応援される力」と言いかえてもいいかもしれません。
———————————————————–
ブログで集客したい、知名度を上げたい
小さな会社の経営者、個人事業主の方へ
———————————————————–

私、青山華子が、2009年ごろ書いていたメルマガ
あなたの価値を11倍高める「パワーブロガーへの道」
のバックナンバーです。

※一部、リライトしています。
__________________________________________________
 
こんにちは。青山華子です。

勝手に他の人のブログからエッセンスを
学んじゃおう!という思いつき企画。

今日も前回に引き続き、
パワーブロガー養成講座でおなじみの
田渕隆茂さんから勝手に学んでみます。

パワーブロガーの真の威力は、
【巻き込み力】にあると思っている私。

【巻き込み力】とは、

何かを仕掛けた時、
どれだけの人が応援してくれるか
どんな人が快く応援してくれるか
どこまで巻き込めるか

が問われるチカラです。

仮にブログやツイッターが廃れても、
どんな媒体が流行ろうとも、この【巻き込み力】さえあれば
どのツールでも、強力な影響力を持つことになるでしょう。

よくよく田渕さんがやっていることを観察すると、
とっても泥臭い、アナログなことを
一つ一つ丁寧にこなしているんですよね~。

普通だったらネットの人は「めんどくさい」と
やらない所を、一人一人にメールしたり、電話したり、
まるでその様子は、選挙活動のよう!

(そういえば、ご本人も自分のことをどぶ板選挙型と
言っていました)

田渕さんがすごいのは、
「まず先に与える」を徹底していること。

例えば、
自分から先にいいと思ったブログをど~んと紹介する。
その方のブログにアクセスをいっぱい送りこむ。

私は田渕さんに「私のブログを紹介してください」と
頼んだことはほとんどないんです。

1度だけ、本のキャンペーンの時に、良かったら紹介して
ください、とお願いしましたが、それ以外は、
向こうがこちらの事情を察して!?
(ちょっと集客、出足が悪そうだな、とか)
書いてくださってることが多いのです。

なかなかそこまでできる方はいません。

これは、誰でもマネできるけれど、
実行するのはなかなかできないことじゃないかと思うわけです。

そして、だめだった時の用意周到さ!

きっとあれがだめならこれで、それでもだめなら次の手段で、
と何段階も作戦を用意しているはず。

これは私の想像ですが、きっとそうに違いないと確信してます。

実は、私もこれに近いタイプで、本のキャンペーンの時に、
もしはずしたらこれでリカバリーしようという作戦を
いくつも用意していました。

が、1つしか試さないうちにあっけなく増刷になって
しまいましたが・・・・。

それはともかく【有言実行】して必ず実現してしまうのですから
本当にすごいことです。

私は小心者なので、あまり【有言】しないでこっそり目標を
達成しちゃう【無言実行】タイプ。

この点は見習いたい!

では、どうすれば、たくさんの人に応援される人になれるのか?

答えは、単純。コレです。

★応援される人になりたかったら、まずは応援する人になろう!

もうこれは絶対です。

なぜかと言うと、人は「自分ばっかりおいしい思いをしたい」
「自分のブログだけ紹介して欲しい」という人は

嫌いだから、です(笑)

あなたもそうでしょ。そんな人応援したくないですよね?

そして、不思議なことに「オレオレオーラ」全開の
(注:自分だけを見ろ!ほらそこの愚民ども!
みたいなメッセージを発しているブログ)

ブログってそういう雰囲気が伝わってしまうんですよ~。

上記のことに気をつけて、結果を出している方の
ブログをよくよく見てください。
いいところをマネして、あなたのブログにもとりいれてみます。

ただ漠然と「眺める」のではなくて、ある箇所に注目して
徹底的にチェックしてみると、どんどんいろんなことが
わかってきます。

これは無料でできる練習ですので、ぜひやってみてくださいね!
 
 
ブログで書きにくいことはこちらで書いています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top