Home / 個人ブランディング / 出版で集客力は変わるのか

出版で集客力は変わるのか

出版で集客力は変わるのか
Pocket

出版すると集客力は強化されるのかについて
———————————————————–
ブログで集客したい、知名度を上げたい
小さな会社の経営者、個人事業主の方へ
———————————————————–

私、青山華子が、2009年ごろ書いていたメルマガ
あなたの価値を11倍高める「パワーブロガーへの道」
のバックナンバーです。

※一部、リライトしています。
__________________________________________________

こんにちは。青山華子です。

先日、やっと私の始めての本、
「はじめてのツイッター入門【決定版】」が
発売になりました。

まだ並んでない書店もあるようですが、今日あたりから
そろそろ入荷されるようです。

◇◇◇

過日に「集客できるブログセミナー」を開催したのですが、
懇親会の席でこんな事を聞かれました。

「出版すると集客力はあがりますか?」

私自身は、本が発売されたばかりなので、具体的に数値を
示して説明するにはまだデータが足りません。
これから記録しておこうと思います。

ただ、本が出るよ・・という話が広まって随分変わりました。

今のところの変化は、

・商工会からセミナー依頼(6/2にもまたやることに)
・企業からツイッター導入研修の依頼
・全国からツイッターセミナーの依頼

等、やたらセミナーの依頼が増えました。
すでにもう何回かセミナーは終了。

・仕事の問い合わせや依頼の増加。いくつかは契約に至る
(企業、個人とも)

・ブログの新規アクセスが増加、読者微増

・ツイッターのフォロワーが増えた

・やたら「先生」と呼ばれることが多くなった
(内心、あまり嬉しくない・・)

・自分の主催イベントやセミナーなどの集客の
スピードが速くなった

など、いろいろあります。

あと、雑誌の取材の話も来ましたが、これは私が顔出ししないと
いうことを頑固に主張したら流れてしまいました。

こうやって書くとなんだかいいことばかりのようですが、
ビジネス目的の人にとっては、
本を出すのが最終目的ではなく、「ビジネスにつながること」
「集客力を高めること」が最終目的。

そのためには、
「出版さえすればいい」ということではありません。

本をどう使うのか戦略を立て、上手にPRしていかないと
「思ったより効果がなかった」ということになってしまいます。

実際、そういう著者も結構いるのです。

本を出版したのに、仕事がないとか失業中とかいう方にも
お会いしたことがあります。

出版を上手にビジネスに反映していくには、何が効果的なのか。

これから自分で実践しながら記録していき、
メルマガで公開していきたいと思っています。

誰かに受け入れてもらえればうれしい。
逆に拒絶されれば傷つく。
自分を卑下せず他人を認められる人になろう。
——————————————————–
今週一番RT(リツイート:引用して紹介されること)
されたのは、この発言。

青山華子ツイッターもチェックしてみてね。

 
 
青山華子のメルマガではもっと詳しく解説しています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top