Home / 自分メディア運用法 / 顧客心理をつかめば集客できる

顧客心理をつかめば集客できる

顧客心理をつかめば集客できる

顧客心理をつかんで集客につなげよう
———————————————————–
ブログで集客したい、知名度を上げたい
小さな会社の経営者、個人事業主の方へ
———————————————————–

私、青山華子が、2009年ごろ書いていたメルマガ
あなたの価値を11倍高める「パワーブロガーへの道」
のバックナンバーです。

※一部、リライトしています。
__________________________________________________

こんにちは。青山華子です。

「ブログやメルマガをこんなにがんばっているのに
集客できない」と相談してくる人がいらっしゃるので
どうしてなんだろう?とその方のブログやメルマガを
見てみると…

全く的外れなことを書いていて、ちっともお客様の心に
響かないメッセージを送っていたり

「お客様の知りたいことはそれじゃないんだよな~」
と感じることが多々あったりします。

以前も書きましたが


「お客様はなぜそこに来るのか」
「なぜ買うのか」

案外この理由をわかっていなくて、
なんとなく記事を書いているか、かんじんの
セールスポイントがずれているということがほとんどです。

これは、私が第三者目線で見ていて、その分野の素人
だからわかることです。


◆「人のことはよくわかる」

とは本当に言い得て妙で、
他人のダメなところはよ~く見えてしまうのです。

例えば、一例をあげると占い師とかセラピストや
カウンセラー系の方。

ノウハウ書いてもあまり集客できません。

ノウハウを読みたいのは、マニアかその職業になりたい人
だけで、お客様は正直、ノウハウにはそんなに興味が
ないのです。

相談業の方が、ノウハウ(コンテンツ)ブログにすると、
教材は売れる可能性はありますが、
集客はできなくなっていくので注意が必要です。

お客様がお金を払ってまで知りたいのはただ一つ

「どうしたら自分が幸せになれるのか」

という漠然としたものの答えです。

中には、
「どうしたら30歳までに医者と結婚できるのか?」等の
明確な相談をされる方もいらっしゃいますが、

目の前の相談がたとえ具体的なものであっても、
心の奥にある願望は、「どうしたら自分が幸せになれるのか」
ということなのです。

なので、記事は、その気持ちに沿って

・事例やお客様の声
・幸せになる方法やヒント、考え方
・ちょっとしたアドバイス
・ビフォアアフター
・あなたのポリシー
・相談したくなるようなキャラクター設定
・ほっとできる記事
・時には感情をかき立てる記事

などを盛り込む必要があります。

お客様が言って欲しい言葉、憧れの姿、なりたいイメージ、
共感してもらえる言葉に敏感になると
自然と集客できる記事が書けるようになります。

お客様は、「どういう人で」「なぜそこに来るのか」
あなたは、ちゃんとわかっていますか?

■□今週のつぶやき

もうお客様はターゲットではなくて
パートナーと考えるべき
——————————————————-

今週一番RT(リツイート:引用して紹介されること)
されたのは、この発言。

青山華子ツイッターはこちらです。フォローしてね!
 
 
青山華子のメルマガではもっと詳しく解説しています
○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top