Home / 青山華子メルマガ / キャラクターの設定について〔2〕

キャラクターの設定について〔2〕

キャラクターの設定について〔2〕

———————————————————–
ブログで集客したい、知名度を上げたい
小さな会社の経営者、個人事業主の方へ
———————————————————–

私、青山華子が、2009年ごろ書いていたメルマガ
あなたの価値を11倍高める「パワーブロガーへの道」
のバックナンバーです。

※一部、リライトしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。ブログアドバイザーの青山華子です。

今日は、前回に引き続き「キャラクターの設定」に
ついてご説明します。

私は、ブログにはコンサルティングのことや企業さんの仕事の
ことをあまり書いていません。・・・というか書けないんです。

守秘義務があり、企業さんの実名や実例を出せないので、
実物をお見せできないのが残念ですが、いくつかの携帯ポータル
サイトへ占いコンテンツや恋愛コラムなどの企画&原稿提供を
毎週行っています。

そこでは、「青山華子」の名前ではなく、架空のキャラクターを
立て、完全にその人物になりきって文章を書いています。

携帯コンテンツをダウンロードする層というのは、普段ほとんど本を
読まない人たちです。

だからビジネス界で有名な方、
例えば、本田健さんとか、和田秀樹さんとか、松下幸之助さんでさえ
「誰?その人?」という世界なんです。

本当にびっくりするほど誰も知られていないんですよ。

有名な著者も何人かコラム連載されているんですが、
全88コンテンツのうち、一番ダウンロードされていて顧客満足度が
高かったのが、実は私の提供したコンテンツでした。

これには書いた私本人もびっくりです。

携帯コンテンツの世界は、特殊な世界です。

・読む層の知識の低さは、想像以上に低レベル
・本を読みなれていないから、難しい漢字や単語が使えない
・思わずクリックしたくなる記事タイトルが勝負

全然、今までの常識が通用しないんです。全く新しい世界。

すごい文豪の作家さんであればあるほど、その人の持つ実績や
スキルがかえって縛りになっているんですね。

読み手に合わせたレベルダウンができない。
そんなうすっぺらい文章書けない。
こんな少ない文字数で言いたいことが書けるか!

とだいたいみなさん文句を言うそうですよ。

だから無名でも、チャンスがある。

本も出版していない私がすごい方々と一緒にコンテンツ提供
できるのも、新しいメディアならではのこと。

時代は変わったんだなあと実感します。

これと同じことが、実はブログ内でも起こっているんです。

各ブログサービスごとに、ブロガーの特徴ってかなり違いますが、
アメブロって「ピュアな初心者」が多いです。

多くのユーザーは、

「生まれてはじめてブログを読む/または書いた人」
「芸能人が書いているから私も始めちゃったというミーハーちゃん」
「なんとなく周りにすすめられて」
「暇つぶしに携帯で遊ぶ感覚」

文字がいっぱいの、文章主体の論文みたいなブログは、アメブロでは
あまりウケません。

だって難しいことは知らないですから。

ブログ特有の単語とか常識も知りませんし、そういう感覚で
ブログを見に来ていないんです。

この「なんとなくの感覚」を上手につかんだ人が、アメブロを制して
いくと確信しています。

だから柔軟な人ほどチャンスがあります。

今までやってきてわかったことは、
アメブロでパワーブロガーにいち早くなるには、以下の3点が
重要だということです。

1・想定読者(ターゲット)にあった記事を書けるかどうか
2・その方々にウケるキャラクターを立てられるか
3・ポジショニングがしっかりしているか

ターゲット層によっては、いい記事を書くことよりも、
「2」「3」が非常に重要な要素となります。

「キャラクターの設定」は、あなたが考えているよりも、すごい
大事なことなんですよ。

→次回へ続く

■ここまでのまとめ

キャラクターは想定読者(ターゲット)を意識して考えるべし。
まず、相手を知り、彼ら彼女らにとって応援されるキャラクターを
目指しましょう。

次回は、「キャラクターの設定について(3)」をご説明します。

==========================================
★編集後記
==========================================
今日「仕事の相談させてください。来週どこかでお茶でも」と突然、某
社長さんから連絡がありました。今まで全然見向きもされなかったのに
ブログの力ってすごいなあと思ったら、始めたばかりのツイッターの私
のつぶやきをたまたま見て、ブログにアクセスしたそうです。

どこで何を見られているかわかりませんね~。変なこともつぶやいてい
たからそっちを見られたらマズかったな~。

記事を気に入ったらシェアをしてね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll To Top